物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

丸吉運輸機工など、小学校で出前授業開催 児童「働く車」喜ぶ

物流企業

2016/09/19 0:00

 【北海道】丸吉運輸機工(吉谷隆昭社長、北海道北広島市)とエフ・シー・ティー(坂尻正昭社長、同)、工藤商事(工藤英人社長、栗山町)、ジャスト・カーゴ(清野敏彦社長、石狩市)、萌運輸(近沢洋太社長、苫小牧市)、山一運輸(服部浩司社長、札幌市手稲区)など8社が協力して9日、「はたらくクルマといっしょにあそぼう」と題した小学校での出前授業を開いた。(北原進之輔)  この取り組みは、働く車を子供たちに知ってもらおうと、2011年丸吉運輸機工が独自に始めたもので、年々、運送会社や荷主企業の参加が増えて内容の幅も広がっている。今年はユニック車やウィング車、平ボディー車、フォークリフト、タイヤショベルなど幅広い働く車が校内に集まり、2年生児童たちの前でデモンストレーションを行った。  工藤商事の工藤社長が「我々はトラックの仕事をしている仲間で、今日は皆に普段の仕事ぶりを知って欲しくて来た。いつもは道路を走っている姿しか見たことが無いと思うが、楽しみながら学んでもらいたい」と呼び掛け、生徒たちも元気に答えた。  デモンストレーションでは、ユニック車から除雪などを行うためのアタッチメントを下ろし、その後、タイヤショベルの先端に装着する場面を見せた。更に、平ボディー車からフォークリフトが下りて、ウィング車にパレットを積み込む作業も披露。  トレーラはヘッドとシャシーの切り離しや接続を見せ、萌運輸の神保英年札幌営業所長が解説して、子供たちは一つひとつのデモンストレーションに大きな歓声を上げた。  その後は1年生も加わり、それぞれのトラックや重機に乗ったり、ウィング車の荷台で飛び跳ねたりして、子供たちは大いにはしゃいだ。ウィング車を操作したジャストカーゴ輸送課の斎藤嘉紀氏は「普段トラックを運転していて子供と接する機会が無いので、私にとっても貴重な体験。車両に触れてこんなに喜んでもらえて、とても楽しかった」と充実感をにじませた。  最後に、生徒に向けて吉谷社長が「皆が楽しんでくれて我々も楽しかったし、将来ドライバーになりたいと言ってくれた子もいて、うれしかった。今日一緒に学んだ子の中から、将来ドライバーになる子がいっぱいいることを願っている」と述べた。 【写真=荷台ではしゃぐ子供たちとジャストカーゴの斎藤氏(右端)】





本紙ピックアップ

政府米保管料/「積数計算方式」統一、国会議員巻き込み実現

 政府所有米穀の保管料の計算方法について、2024年度契約分から「積数計算方式」に一本化されたことは、コメの保管を手掛ける倉庫会社にとって念願の改善事項だった。地道な要望活動が関連団体や国会議員を巻き込み、現場に対する理…

T2・佐川急便・セイノーHD、「レベル4」実現へ実証

 T2(森本成城社長兼CEO=最高経営責任者、東京都千代田区)と佐川急便(本村正秀社長、京都市南区)、セイノーホールディングスは11日、特定条件下での完全自動運転「レベル4」トラックでの幹線輸送実現に向けた公道実証を開始…

国交省/「大型電動車」普及促進、通行制限緩和を視野

 国土交通省は、電動車に限り、重量などの道路通行制限を緩和することを視野に入れている。ディーゼル車と比較して電池が重く大きいため、積載量が減少するといった、大型トラックなど商用車の電動化に際しての課題を解消するのが目的。…

国交省、中継輸送の交替ルール整備

 国土交通省は、トラックの中継輸送の普及・実用化に向け、高速道路上のドライバー交替の運用ルールを整備するため、9月に東北自動車道・佐野サービスエリア(SA)下りで実証実験を実施する。検証結果を踏まえ、2024年度末までに…

オススメ記事

政府米保管料/「積数計算方式」統一、国会議員巻き込み実現

 政府所有米穀の保管料の計算方法について、2024年度契約分から「積数計算方式」に一本化されたことは、コメの保管を手掛ける倉庫会社にとって念願の改善事項だった。地道な要望活動が関連団体や国会議員を巻き込み、現場に対する理…

T2・佐川急便・セイノーHD、「レベル4」実現へ実証

 T2(森本成城社長兼CEO=最高経営責任者、東京都千代田区)と佐川急便(本村正秀社長、京都市南区)、セイノーホールディングスは11日、特定条件下での完全自動運転「レベル4」トラックでの幹線輸送実現に向けた公道実証を開始…

国交省/「大型電動車」普及促進、通行制限緩和を視野

 国土交通省は、電動車に限り、重量などの道路通行制限を緩和することを視野に入れている。ディーゼル車と比較して電池が重く大きいため、積載量が減少するといった、大型トラックなど商用車の電動化に際しての課題を解消するのが目的。…

国交省、中継輸送の交替ルール整備

 国土交通省は、トラックの中継輸送の普及・実用化に向け、高速道路上のドライバー交替の運用ルールを整備するため、9月に東北自動車道・佐野サービスエリア(SA)下りで実証実験を実施する。検証結果を踏まえ、2024年度末までに…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap