物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

丸吉運輸機工など、小学校で出前授業開催 児童「働く車」喜ぶ

物流企業

2016/09/19 0:00

 【北海道】丸吉運輸機工(吉谷隆昭社長、北海道北広島市)とエフ・シー・ティー(坂尻正昭社長、同)、工藤商事(工藤英人社長、栗山町)、ジャスト・カーゴ(清野敏彦社長、石狩市)、萌運輸(近沢洋太社長、苫小牧市)、山一運輸(服部浩司社長、札幌市手稲区)など8社が協力して9日、「はたらくクルマといっしょにあそぼう」と題した小学校での出前授業を開いた。(北原進之輔)  この取り組みは、働く車を子供たちに知ってもらおうと、2011年丸吉運輸機工が独自に始めたもので、年々、運送会社や荷主企業の参加が増えて内容の幅も広がっている。今年はユニック車やウィング車、平ボディー車、フォークリフト、タイヤショベルなど幅広い働く車が校内に集まり、2年生児童たちの前でデモンストレーションを行った。  工藤商事の工藤社長が「我々はトラックの仕事をしている仲間で、今日は皆に普段の仕事ぶりを知って欲しくて来た。いつもは道路を走っている姿しか見たことが無いと思うが、楽しみながら学んでもらいたい」と呼び掛け、生徒たちも元気に答えた。  デモンストレーションでは、ユニック車から除雪などを行うためのアタッチメントを下ろし、その後、タイヤショベルの先端に装着する場面を見せた。更に、平ボディー車からフォークリフトが下りて、ウィング車にパレットを積み込む作業も披露。  トレーラはヘッドとシャシーの切り離しや接続を見せ、萌運輸の神保英年札幌営業所長が解説して、子供たちは一つひとつのデモンストレーションに大きな歓声を上げた。  その後は1年生も加わり、それぞれのトラックや重機に乗ったり、ウィング車の荷台で飛び跳ねたりして、子供たちは大いにはしゃいだ。ウィング車を操作したジャストカーゴ輸送課の斎藤嘉紀氏は「普段トラックを運転していて子供と接する機会が無いので、私にとっても貴重な体験。車両に触れてこんなに喜んでもらえて、とても楽しかった」と充実感をにじませた。  最後に、生徒に向けて吉谷社長が「皆が楽しんでくれて我々も楽しかったし、将来ドライバーになりたいと言ってくれた子もいて、うれしかった。今日一緒に学んだ子の中から、将来ドライバーになる子がいっぱいいることを願っている」と述べた。 【写真=荷台ではしゃぐ子供たちとジャストカーゴの斎藤氏(右端)】





本紙ピックアップ

特定技能/ 「自動車運送業」追加、職場受け入れ年明けか

 政府は、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」など4職種を追加する方針を打ち出した。3月末までに閣議決定し、新年度に関係省令を公布・施行する予定だが、試験制度の創設や実施に向けた準備に加え、特定技能外国人の在留…

国交省/「型式指定申請」不正防止、有識者検討会を今春設置

 国土交通省は、相次ぐ自動車の型式指定申請の不正に対応するため、有識者などで構成する検討会を設置する方針だ。ダイハツ工業(奥平総一郎社長、大阪府池田市)、豊田自動織機が策定する再発防止策を踏まえ、審査の厳格化や、不正の早…

サンインテルネット、首都圏拡充&関西進出

 サンインテルネット(三田竜平社長、横浜市西区)は、人口が集中する大消費地での生活必需品物流を拡大するため3年以内に首都圏で拠点を増やし、供給体制を強化する。また、EC(電子商取引)物流の拡充に向け、関西圏にも進出する。…

ネスレ日本、中距離帯で鉄道輸送

 ネスレ日本(深谷龍彦社長、神戸市中央区)は日本貨物鉄道(JR貨物)と連携し、静岡県―大阪府での商品の定期貨物鉄道輸送に取り組んでいる。輸送規模は1日200㌧で、両社によると、この規模の中距離帯での定期貨物鉄道輸送は食品…

オススメ記事

特定技能/ 「自動車運送業」追加、職場受け入れ年明けか

 政府は、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」など4職種を追加する方針を打ち出した。3月末までに閣議決定し、新年度に関係省令を公布・施行する予定だが、試験制度の創設や実施に向けた準備に加え、特定技能外国人の在留…

国交省/「型式指定申請」不正防止、有識者検討会を今春設置

 国土交通省は、相次ぐ自動車の型式指定申請の不正に対応するため、有識者などで構成する検討会を設置する方針だ。ダイハツ工業(奥平総一郎社長、大阪府池田市)、豊田自動織機が策定する再発防止策を踏まえ、審査の厳格化や、不正の早…

サンインテルネット、首都圏拡充&関西進出

 サンインテルネット(三田竜平社長、横浜市西区)は、人口が集中する大消費地での生活必需品物流を拡大するため3年以内に首都圏で拠点を増やし、供給体制を強化する。また、EC(電子商取引)物流の拡充に向け、関西圏にも進出する。…

ネスレ日本、中距離帯で鉄道輸送

 ネスレ日本(深谷龍彦社長、神戸市中央区)は日本貨物鉄道(JR貨物)と連携し、静岡県―大阪府での商品の定期貨物鉄道輸送に取り組んでいる。輸送規模は1日200㌧で、両社によると、この規模の中距離帯での定期貨物鉄道輸送は食品…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap