物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

東京メトロ&ヤマト運輸、地下鉄輸送 実証実験 人手不足解消むけ実施

物流企業

2016/09/15 0:00

 東京地下鉄(東京メトロ、奥義光社長、東京都台東区)やヤマト運輸(長尾裕社長、中央区)は9日、東京メトロ有楽町線と東武東上線で、地下鉄で荷物を運ぶ実証実験を実施した。宅配便輸送の一部を鉄道に切り替え、ドライバー不足の解消につなげる。協力するのは東武鉄道、佐川急便(荒木秀夫社長、京都市南区)、日本郵便(横山邦男社長、東京都千代田区)を合わせた5社。東京メトロの新木場車両基地(江東区)では、数百メートルのスペースがあるピット脇の通路で積み込み作業が行われた。車両のドア付近に今回の実験のために特注した架台を設置。車両内にゴム製のマットを敷くなどの養生終了後、フォークリフトで荷物を上げ、ヤマト運輸の従業員が台車やカーゴに入った荷物の積み込みが終わると、和光車両基地(埼玉県和光市)へ向かった。  ヤマト運輸の佐野出・ネットワーク戦略部プロジェクトマネージャーは「業界にとってドライバー不足は深刻な問題だ。公共交通機関とのモーダルシフトを進め、少しでも解消につなげたい。この試みは大きな一歩だ」と述べた。  実験では、各作業工程における所要時間や人員数、安全確保のための人員配置、作業効率性や安全性に資する機器、施設・設備などの必要性と規模、旅客輸送への影響などを検証する。今回の実験では、東京地下鉄と東武鉄道が持つ施設を活用する。東京メトロは新木場と和光にある車両基地、有楽町線の新富町駅や銀座一丁目駅、有楽町駅を、東武鉄道が森林公園研修区(滑川町)を、それぞれ使用する。和光車両基地や森林公園研修区に到着した荷物は、トラックで各物流拠点に配送される。  東京メトロが4社に鉄道を使った貨物輸送を打診した。同社の企業価値創造部の小泉博課長は「運行ダイヤが安定している鉄道を使うことで、交通渋滞の影響で荷物が届かないといった事態を防げるだろう。今後は長期的に継続する事業とするため、ビジネスの視点で考えていくことが必要」と課題を挙げた。(高橋和平) 【写真=ヤマト運輸が有楽町線の車両に荷物を積み込む】





オススメ記事

パスコロジ、茨城で中継輸送拡大

 パスコ・ロジスティクス(神保昌明社長、神奈川県海老名市)は、千葉県野田市の工場から茨城県向けのパン配送で行っている中継輸送のエリアを20日から拡大。これまでの茨城県北部に加え、県南東部の鹿行地域向けも中継輸送化する。ド…

JL連合会、ヒューマンネット活性化

 日本ローカルネットワークシステム協同組合連合会(JL連合会、迫慎二会長)は14日、総会を開き、事業計画など5議案を承認した。「2024年問題」に直面する年度に入り、人手不足や物価高騰など様々な課題を抱える中、本部・地域…

コクヨサプライロジ、ピックロボ稼働

 コクヨグループの文房具、事務用品の物流を手掛けるコクヨサプライロジスティクス(若林智樹社長、大阪市東成区)は15日、カウネット福岡物流センター(福岡県粕屋町)で、ピッキングを補助するロボットを本格稼働させた。バラ出荷工…

北陸地整局、新潟東港で貨物輸送実証

 北陸地方整備局は14日、黒山駅分岐新潟東港専用線(旧新潟臨海鉄道)の旧藤寄駅で、新潟港に近接する臨港鉄道を活用した海上コンテナの輸送実証を行った。「2024年問題」の影響を踏まえ、港湾周辺の脱炭素化を図るカーボンニュー…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap