物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

篠崎運送倉庫、新入社員と富士登山苦しみ&喜び分かち合う

物流企業

2016/08/29 0:00

 【埼玉】「富士山での登山は、一生忘れない思い出になる。苦しみも喜びも分かち合える意義は大きい」―――。篠崎運送倉庫(篠崎晃市社長、埼玉県鴻巣市)は、新入社員を対象とした富士登山を2016年も実施した。今年の新入社員は高校卒の4人(女性3人、男性1人)と例年に比べて少なかったが、社長を筆頭に中途社員や取引先関係者など含め9人が参加した。  今回で8回目を数える富士登山は、「4月1日の入社式から、ほぼ4カ月間に及ぶ研修の総仕上げ」(篠崎社長)と位置付け、毎年7月の最終日曜日から月曜日までに実施。16年は関東地方の梅雨明けが例年より遅くなったが、幸い、実施日は天候に恵まれたという。  同社では原則として、ドライバー以外は高校卒業を中心に新卒採用を行っており、女性は県内出身者、男性は青森県で採用している。毎年、社長自ら青森県に出向き、採用面接を行っているが、「これまで採用しやすかった青森でも、少子化の影響で厳しくなってきた」(篠崎社長)という。  今回の行程は、7月24日の早朝に会社からマイクロバスで出発、昼頃5合目に到着し、午後5時ごろに8合目まで登山。その後、午後11時まで仮眠を取って、頂上を目指す。翌日午前4時半ごろに、山頂に到着し、ご来光を拝んだ。その後、昼前に下山して風呂に入ってすっきりした後、マイクロバスで本社に戻り、全員でミーティングーーとほぼ例年通りに完遂できた。  篠崎氏は「富士登山は行で、風景を楽しむものではない。皆で分かち合う経営という当社の方針に沿った行動であり、皆で登れば、達成感もひとしお」と話している。(谷本博) 【写真=山頂を背景に記念撮影に臨む篠崎社長(前列中央)ら】





本紙ピックアップ

政府米保管料/「積数計算方式」統一、国会議員巻き込み実現

 政府所有米穀の保管料の計算方法について、2024年度契約分から「積数計算方式」に一本化されたことは、コメの保管を手掛ける倉庫会社にとって念願の改善事項だった。地道な要望活動が関連団体や国会議員を巻き込み、現場に対する理…

T2・佐川急便・セイノーHD、「レベル4」実現へ実証

 T2(森本成城社長兼CEO=最高経営責任者、東京都千代田区)と佐川急便(本村正秀社長、京都市南区)、セイノーホールディングスは11日、特定条件下での完全自動運転「レベル4」トラックでの幹線輸送実現に向けた公道実証を開始…

国交省/「大型電動車」普及促進、通行制限緩和を視野

 国土交通省は、電動車に限り、重量などの道路通行制限を緩和することを視野に入れている。ディーゼル車と比較して電池が重く大きいため、積載量が減少するといった、大型トラックなど商用車の電動化に際しての課題を解消するのが目的。…

国交省、中継輸送の交替ルール整備

 国土交通省は、トラックの中継輸送の普及・実用化に向け、高速道路上のドライバー交替の運用ルールを整備するため、9月に東北自動車道・佐野サービスエリア(SA)下りで実証実験を実施する。検証結果を踏まえ、2024年度末までに…

オススメ記事

政府米保管料/「積数計算方式」統一、国会議員巻き込み実現

 政府所有米穀の保管料の計算方法について、2024年度契約分から「積数計算方式」に一本化されたことは、コメの保管を手掛ける倉庫会社にとって念願の改善事項だった。地道な要望活動が関連団体や国会議員を巻き込み、現場に対する理…

T2・佐川急便・セイノーHD、「レベル4」実現へ実証

 T2(森本成城社長兼CEO=最高経営責任者、東京都千代田区)と佐川急便(本村正秀社長、京都市南区)、セイノーホールディングスは11日、特定条件下での完全自動運転「レベル4」トラックでの幹線輸送実現に向けた公道実証を開始…

国交省/「大型電動車」普及促進、通行制限緩和を視野

 国土交通省は、電動車に限り、重量などの道路通行制限を緩和することを視野に入れている。ディーゼル車と比較して電池が重く大きいため、積載量が減少するといった、大型トラックなど商用車の電動化に際しての課題を解消するのが目的。…

国交省、中継輸送の交替ルール整備

 国土交通省は、トラックの中継輸送の普及・実用化に向け、高速道路上のドライバー交替の運用ルールを整備するため、9月に東北自動車道・佐野サービスエリア(SA)下りで実証実験を実施する。検証結果を踏まえ、2024年度末までに…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap