物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

福井運支局、体験型イベントに208人 トラックの仕事PR

行政

2016/08/25 0:00

 【福井】福井運輸支局(平谷守支局長)は7日、小学校児童と保護者を対象にした体験型イベントを開催した。自動車関係の仕事を楽しみながら知ってもらうことが目的で、福井県トラック協会(清水則明会長)も協力し、夏休み中の親子連れにトラックの仕事をPRした。  2回目となる同イベントには、2015年の108人を大きく上回る親子70組208人が参加。平谷支局長は「トラック、バス、タクシー、整備など、自動車関係の仕事を楽しみながら学び、夏休みの思い出の一つにして欲しい。また、非常に暑いので、熱中症にも十分注意していただきたい」とあいさつ。  トラックのコーナーには、福井ト協青年部会の佐治覚栄部会長が、自社(ひまわり運輸、越前市)の4トン車を提供した。荷台にトラックの仕事を紹介するパネルを設置し、佐治氏が車体の構造などを説明。訪れた子供たちに、トラックのミニカーとスマホ型ポケットティッシュをプレゼントした。  福井ト協の中山武専務は「子供たちが高校生になり、就職先を考える頃まで、思い出として心に刻んで欲しい。準中型自動車免許制度のスタートを控えた今、高校生にターゲットを定め、当協会も人手確保に向けたPRを進めている」と話した。  会場内にはかき氷コーナーも設けられ、岡田英雄・首席運輸企画専門官ら支局スタッフが無料で振る舞った当日の福井市は猛暑でかき氷をおかわりする来場者も多かった。また、中部運輸局は燃料電池車(FCV)の「MIRAI」を展示し、車好きの親子の注目を集めた。(星野誠) 【写真=親子連れでにぎわうトラックのコーナー】





本紙ピックアップ

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

アジア・シームレス物流フォーラム、74社・団体が出展

 日本マテリアルフロー研究センター(松川弘明会長)が主催する「アジア・シームレス物流フォーラム2024」が16、17の両日、東京流通センター(有森鉄治社長、東京都大田区)で開催された。「2024年問題」や物流DX(デジタ…

オススメ記事

共同配送、「競争しない」一般化へ

 「2024年問題」対策で積載率の向上が求められる中、様々な業界で共同配送の取り組みが進んでいる。運用体制を工夫したり、モーダルシフトを活用したりして更なる効率化に成功している事例もある。人手不足などで「物流危機」が強く…

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap