物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

川崎貨協、家族で社会科見学 機体整備場など訪問

団体

2016/08/22 0:00

 川崎地区貨物自動車事業協同組合(安藤賢一理事長)は2日、組合員企業の家族連れを対象にした社会科見学会を開催し、参加者37人が航空機の整備場や防災体験学習施設を見学した。  教育親睦委員(桜井直己委員長)が企画したもので、バス1台を借り切り、まず羽田空港(東京都大田区)内にある日本航空の機体整備場を訪問。格納庫内で整備中の機体を間近で見学したほか、航空機の離着陸の様子を眺めたり、パイロットの制服を着て航空機の大型写真パネルを背景に記念写真を撮るなどした。  続いて、東京臨海広域防災公園(江東区)内の「そなエリア」を訪問。首都直下型地震発生後72時間の状況を 験できる施設で、発生直後の対応や日用品を代用したトイレや包帯などについて学んだ。  川崎貨協事務局では「『普段立ち入ることができない航空機整備場を見学でき、充実した一日だった』といった意見や、『夏休みの自由研究として貴重な体験となった』との感想が寄せられた。親子参加のほか、祖父母と孫の参加もあった」としている。(吉田英行) 【写真=航空機を背景に記念撮影に臨む参加者】





Share via
Copy link
Powered by Social Snap