物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

甲西陸運、新本社事務所&物流センター建設工事急ピッチ 中部・関東 拠点整備乗り出す

物流企業

2016/08/18 0:00

 【滋賀】甲西陸運(甲斐切稔社長、滋賀県湖南市)は年末をメドに、新たな本社事務所と物流センターを竣工させる。中長期ビジョンに基づいた拠点再整備の一環。今後、中部、関東の各エリアでも新たな施設の整備に乗り出す。(小菓史和)  2015年12月、特積会社が入居していた本社敷地内のトラックターミナルを、湖南物流センター(湖南市)内に新築・移転。跡地で現在、新たな本社事務所と物流センターの建設工事が急ピッチで進んでいる。  本社は鉄骨造り2階建て、延べ床面積1320平方メートルで、最新鋭のIT(情報技術)機器や省エネ設備を備える。現本社は1972年に竣工し、老朽化が進んでいた上、設計が古くコンピューターなど電子機器を多用した現在の事務処理システムに対応しにくいため、業務効率が悪くなっていた。  グループを挙げて推進している環境対策として、LED(発光ダイオード)照明といった省エネ設備を積極的に導入するとともに、非常用電源の確保といった災害時対策も強化する。  新センターは、鉄骨造り3階建て、延べ床面積1万750平方メートル。荷主のビルド・トゥ・スーツ型で、入庫作業を自動化。最新鋭の物流管理機能と、保管スペースを持つスルー型拠点として運用する。  一方、17年3月には、愛知県豊山町に豊山配送センター(仮称)を設置。延べ床面積7260平方メートルの倉庫を併設する予定で、名神高速道路・小牧インターチェンジに近い地の利を生かし、名古屋市中心部への共同配送拠点として運用する。業務効率アップとリードタイム短縮、ドライバーの労働時間や作業環境の改善につなげる。  また、関東地区でも、敷地面積3万3千平方メートル規模の新たなセンターを計画している。今後2年間、拠点整備に集中的な投資を行うことで、業務効率改善、及び従業員の労働時間や作業環境などコンプライアンス(法令順守)に配慮した職場づくりにつなげる考えだ。  松島真行専務は「中長距離輸送では、厳しさを増すドライバーの連続運転時間や労働時間に対する規制を踏まえた体制構築が求められている。時代に合わせた仕組みづくりと、次代をにらんだ拠点整備を積極的に進めていく」と話している。 【写真=年末をメドに竣工させる(完成予想図)】





本紙ピックアップ

交付金制度見直し、「時代に対応」使途拡大へ

 全日本トラック協会(坂本克己会長)は、運輸事業振興助成交付金制度について、見直しを視野に検討を進めている。「2024年問題」や、GX(グリーントランスフォーメーション)・DX(デジタルトランスフォーメーション)など新し…

外国人在留資格/特定技能制度、「自動車運送業」追加

 政府は4月から、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」を追加する方針を固めた。新規に追加する4業種のうち自動車運送業はバス、タクシー、トラックの3業務で構成。4業種は、在留期間が最長5年の「特定技能1号」のみを…

国交省、「自動物流道路」検討着手

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」の目指すべき姿や必要な機能、事業主体などの検討に着手した。21日に有識者、関係団体などで構成する検討会(羽藤英二委員…

弘和通商、女性出所者を初採用 

 弘和通商(長谷川朋弘社長、札幌市東区)は出所者の雇用を積極的に進めている。2023年12月には、ドライバー兼倉庫作業員として田中愛氏が入社した。女性の出所者の採用は初めて。本人の社会復帰や生活再建をサポートするとともに…

オススメ記事

交付金制度見直し、「時代に対応」使途拡大へ

 全日本トラック協会(坂本克己会長)は、運輸事業振興助成交付金制度について、見直しを視野に検討を進めている。「2024年問題」や、GX(グリーントランスフォーメーション)・DX(デジタルトランスフォーメーション)など新し…

外国人在留資格/特定技能制度、「自動車運送業」追加

 政府は4月から、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」を追加する方針を固めた。新規に追加する4業種のうち自動車運送業はバス、タクシー、トラックの3業務で構成。4業種は、在留期間が最長5年の「特定技能1号」のみを…

国交省、「自動物流道路」検討着手

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」の目指すべき姿や必要な機能、事業主体などの検討に着手した。21日に有識者、関係団体などで構成する検討会(羽藤英二委員…

弘和通商、女性出所者を初採用 

 弘和通商(長谷川朋弘社長、札幌市東区)は出所者の雇用を積極的に進めている。2023年12月には、ドライバー兼倉庫作業員として田中愛氏が入社した。女性の出所者の採用は初めて。本人の社会復帰や生活再建をサポートするとともに…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap