物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

ポケモンGO、全国でトラブル相次ぐ 運転中プレーや飛び出し

物流企業

2016/08/04 0:00

 世界各国でブームとなっているスマートフォン(スマホ)向けアプリ「ポケモンGO」が7月22日に国内配信されて以降、車や自転車を運転中のスマホ操作や歩きスマホによる歩行者の飛び出しなど、トラブルが相次いでいる。25日には、京都府警日向町署がポケモンGOをプレーしながら運転していたトラックドライバーに、道路交通法違反の疑いで交通反則切符を交付した。(大島杏奈)  室蘭海陸通運(北海道室蘭市)の成田俊彦社長(62)は「ドライバーには全員、社用のガラパゴス携帯を渡しているが、個人のスマホや携帯電話は各自で管理している。スマホを取り上げるわけにいかないので、ドライバーを信用するしかない。我々、事業者は世の中の流れに対応する必要があるが、ドライバーだけでなく、スマホに夢中になっている歩行者の飛び出し事故も心配。難しい問題だ」と話す。  北海道の高橋はるみ知事も、26日の定例会見で「これまであまり知られていない観光スポットをPRするという意味で大変意義深いゲームだが、利用者のマナー次第で、事故やひったくりなどの犯罪被害のほか、私有地や立ち入り制限区域への無断立ち入りなど問題も多い。『歩きスマホはしない』『自動車や自転車の運転中には利用しない』『危険な場所には立ち入らない』など、ゲーム利用上の注意点を守って欲しい」と懸念を表明した。ポケモンGOは、スマートフォン用のAR(仮想現実)モバイルゲーム。GPS(全地球測位システム)とカメラを使用することで画面上に出現するキャラクターを捕獲し、育成・対戦するもので、開発・発売元は米ナイアンティック。  ゲームには、ポケストップ(アイテムなどを入手できる場所)やジム(バトルできる場所)が設定されていて、地域の観光名所やシンボル、観光スポット、ランドマークなどが指定されている。上ノ国町では、地図や観光名所に加えて、町内のポケストップやジムなどを記した「ポケモンGO対応かみのくに観光マップ」を作成し、集客アップを狙うなど、経済効果も期待される。  一方、警察庁によると、配信開始からわずか6日で全国で車や自転車を運転中に「ポケモンGO」をしていたとして摘発されたケースが、406件発生。このほか、「ポケモンGO」操作が原因の交通事故が36件で、このうち11件は人身事故だった。  北日本エクスプレス(苫小牧市)の佐藤瑞輝社長(44)は「今のところまだ対策は取っていない」という。ただ、ドライバーに毎日渡す配車票にはドライバー一人ひとりにコメントや資料を添付しているので、今後、その中で注意を呼び掛ける方針で、「ポケモンGOに限らず、安全対策の一環として事故防止に取り組みたい」と話す。  ホベツ運輸(前田久蔵社長、同市)の木戸孝芳常務(67)は「当社のドライバーの平均年齢は50歳ほどだが、20代も3人在籍している。安全対策委員会などでヒヤリ・ハットや事故事例とともに話題にしていきたい。ドライバーが運転中に携帯電話を使用することは、もってのほかだが、歩行者の飛び出し対策など、様子を見ながら対策を検討したい」としている。  27日、北海道旅客鉄道(島田修社長、札幌市中央区)は、ホーム転落事故などを懸念して全国の鉄道事業社22社局と日本地下鉄協会と連名で、鉄道施設内にキャラクターが出現しないよう設定するなどの改良に関する要請書を作成。ナイアンティックに対し、駅のホームや線路にキャラクターを出現させないよう文書で要請した。  また、東日本高速道路(広瀬博社長、東京都千代田区)は、「ポケモントレーナーの皆さまへ」と題し、ポケモンが高速道路に出現してもキャラクター捕獲のために駐停車しないよう呼び掛けている。 【写真=町中に出現したキャラクター】





本紙ピックアップ

トラックGメン創設1年、「商慣行見直し」着実に効果

 「トラックGメン」の創設から1年――。初の「勧告」をはじめとする、適正取引の違反が疑われる荷主・元請事業者に対する法的措置(是正指導)は、創設前と比べ飛躍的に増加し、物流の商慣行見直しに向けて着実に効果を上げている。一…

トラック「自動運転」レベル4実証むけ、通信環境を整備へ

 総務省は、レベル4(特定条件下での完全自動運転)トラックの実証に必要な通信環境整備として、5.9㌐ヘルツ帯を活用したV2X通信の実用化に向け、既存ネットワークを活用したV2N通信との両にらみで評価・実証などに取り組む。…

ギオン、美容室とコラボイベント

 ギオン(衹園彬之介社長、相模原市中央区)は17日、全国に70店舗を展開する美容室大手のTAYAとコラボレーションし、女性社員の「自分らしさ」「美しさ」「働きやすさ」追求を応援するイベント「女性ドライバー大変身」を行った…

ヒカリHDグループ、「食品・太陽光」荷動き活発

 ヒカリホールディングス(長田義光会長、岡山市北区)グループは、業績を順調に拡大させている。主力輸送品目の食品や、太陽光発電システム関連の荷動きが活発で、岡山市北部では土地開発(3万3千平方㍍)にも着手し、新しい物流セン…

オススメ記事

トラックGメン創設1年、「商慣行見直し」着実に効果

 「トラックGメン」の創設から1年――。初の「勧告」をはじめとする、適正取引の違反が疑われる荷主・元請事業者に対する法的措置(是正指導)は、創設前と比べ飛躍的に増加し、物流の商慣行見直しに向けて着実に効果を上げている。一…

トラック「自動運転」レベル4実証むけ、通信環境を整備へ

 総務省は、レベル4(特定条件下での完全自動運転)トラックの実証に必要な通信環境整備として、5.9㌐ヘルツ帯を活用したV2X通信の実用化に向け、既存ネットワークを活用したV2N通信との両にらみで評価・実証などに取り組む。…

ギオン、美容室とコラボイベント

 ギオン(衹園彬之介社長、相模原市中央区)は17日、全国に70店舗を展開する美容室大手のTAYAとコラボレーションし、女性社員の「自分らしさ」「美しさ」「働きやすさ」追求を応援するイベント「女性ドライバー大変身」を行った…

ヒカリHDグループ、「食品・太陽光」荷動き活発

 ヒカリホールディングス(長田義光会長、岡山市北区)グループは、業績を順調に拡大させている。主力輸送品目の食品や、太陽光発電システム関連の荷動きが活発で、岡山市北部では土地開発(3万3千平方㍍)にも着手し、新しい物流セン…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap