物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

九州道・益城熊本空港IC-嘉島JCT、4車線再開メド立たず 運行計画への影響懸念

行政

2016/08/01 0:00

 熊本地震の発生に伴い、現在でも九州自動車道・益城熊本空港インターチェンジ(IC)─嘉島ジャンクション(JCT)で、片道1車線による対面通行が続いている。  朝夕の時間帯は通過に30分程度のロスが発生。御船ICから八代ICにかけては路面が大きく波打っており、通行車両は減速して通過しなければ危険な状況だ。  熊本県のトラック運送事業者は「4車線通行の再開見通しが分からない」といら立ちを隠せない。県内の高速道路の早期完全復旧による物流への効果は大きいだけに、長引く復旧工事が運行計画に与える影響を懸念する声は少なくない。  西日本高速道路九州支社(北田正彦支社長、福岡市博多区)は、「現時点で4車線通行の再開見通しは立っていない。完全復旧についてもはっきりしたことを申し上げられない。いずれにしても、一日も早い復旧を目指す」(広報課)と理解を求める。  西日本高速道路(石塚由成社長、大阪市北区)によると、お盆期間(11~16日)に一部区間で最大20キロの渋滞を予測。九州道・益城熊本空港IC―嘉島JCT及び大分自動車道・湯布院IC―日出JCTで終日対面通行規制(片側1車線通行)が続いており、九州道下り・菊水IC―益城熊本空港ICでは13日午後1時をピークに最大20キロの渋滞を予測している。(武原顕) 【写真=1車線の対面通行が続く九州道の崩落現場付近(7月23日)】





本紙ピックアップ

アイリンク、市電停留場に副名称

 アイ・リンク(本間勝行社長、札幌市白石区)は、札幌市の路面電車(市電)の停留場に副名称を付けるネーミングライツを獲得し、「山鼻19条」停留場に、同社の保育園「あいりんく保育園 やまはな園」の名前を付けた。4月から駅名標…

ナカシマHD/来月、2社グループ化

ナカシマホールディングス(中島祥輔社主、東京都江戸川区)は6月1日をメドに2社(梅田運輸倉庫、佐藤商事)をグループ化する。これに伴い事業エリアが東北などにも広がり、顧客の要請に応える態勢を一段と強化。新たな投資先である両…

丸亀急配、物流センターを増床

 丸亀急配(中野昌一社長、香川県丸亀市)は9日、キリンビバレッジ丸亀物流センター(同市)増床工事の竣工式と祝賀会を開いた。同物流センターはこれまで、道を挟んで立地する土器南倉庫と土器第2倉庫で構成していたが、南倉庫と同じ…

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

オススメ記事

アイリンク、市電停留場に副名称

 アイ・リンク(本間勝行社長、札幌市白石区)は、札幌市の路面電車(市電)の停留場に副名称を付けるネーミングライツを獲得し、「山鼻19条」停留場に、同社の保育園「あいりんく保育園 やまはな園」の名前を付けた。4月から駅名標…

ナカシマHD/来月、2社グループ化

ナカシマホールディングス(中島祥輔社主、東京都江戸川区)は6月1日をメドに2社(梅田運輸倉庫、佐藤商事)をグループ化する。これに伴い事業エリアが東北などにも広がり、顧客の要請に応える態勢を一段と強化。新たな投資先である両…

丸亀急配、物流センターを増床

 丸亀急配(中野昌一社長、香川県丸亀市)は9日、キリンビバレッジ丸亀物流センター(同市)増床工事の竣工式と祝賀会を開いた。同物流センターはこれまで、道を挟んで立地する土器南倉庫と土器第2倉庫で構成していたが、南倉庫と同じ…

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap