物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

マルエイ運輸、配車ボード電子化 運行管理・運転日報 一元管理可能に

物流企業

2016/07/28 0:00

 【岐阜】マルエイ運輸(中村滋男社長、岐阜市)は15日、本社営業所の配車ボードを完全電子化した。視認性を高めただけでなく、運行管理、運転日報、請求などと連動、一元管理できるシステムで、大幅な業務効率化を見込んでいる(星野誠)  これまで本社営業所では、大小4枚のホワイトボードを設置し、何色ものマーカーを使って車両運行表を手書きしていた。業務部の桑原章副部長は「秋から冬の繁忙期は、配車ボードに延べ100台分の記入が必要となる。手書きにはガス関係で40分、石油関係で30分もの時間がかかっていた」と説明。  既に、タイガー(竹添幸男社長、東京都千代田区)の総合管理システム「トラックメイトPro2」を導入していたことから、同社の担当者と話し合い、管理システムと完全連動する形で配車ボードの電子化を決めた。  新しい配車ボードは、70インチの大型モニター2台で構成。車両運行表は使い慣れたホワイトボードを細部まで踏襲し、違和感を無くした。「事務所内の全てのパソコン(PC)から入力可能なので、使いやすい。手書きの場合、文字表現を読み違えて誤配送を招くケースもあったが、その心配が無くなった」(桑原氏)  車両運行表だけでなく、交通情報や天気予報もリアルタイムで画面に表示するほか、社内連絡事項や注意などをボード上で周知可能。桑原氏は「社員から次々と出てきた新しいアイデアを最大限取り入れ、カスタマイズしてもらった」と明かす。  タイガー名古屋支店の日比野昭彦執行役員も「じっくり意見交換しながらのシステムづくりは、我が社にとって大きな財産となった。配車ボードの電子化は今後、トラック運送会社への提案営業で有効なツールになる」と強調。  更に、運行管理、運転日報、請求など一連のデータを配車ボードと連動させることで、管理業務の大幅な効率化を見込む。桑原氏は「手書きがPC入力に代わるだけで、管理スタッフに大きな余裕が生まれる。将来的には、ドライブレコーダーのヒヤリ・ハット映像を配車ボードとリンクさせるなど、事故防止にも活用できたら」と話している。 【写真=使い慣れたホワイトボードを踏襲】





本紙ピックアップ

政府米保管料/「積数計算方式」統一、国会議員巻き込み実現

 政府所有米穀の保管料の計算方法について、2024年度契約分から「積数計算方式」に一本化されたことは、コメの保管を手掛ける倉庫会社にとって念願の改善事項だった。地道な要望活動が関連団体や国会議員を巻き込み、現場に対する理…

T2・佐川急便・セイノーHD、「レベル4」実現へ実証

 T2(森本成城社長兼CEO=最高経営責任者、東京都千代田区)と佐川急便(本村正秀社長、京都市南区)、セイノーホールディングスは11日、特定条件下での完全自動運転「レベル4」トラックでの幹線輸送実現に向けた公道実証を開始…

国交省/「大型電動車」普及促進、通行制限緩和を視野

 国土交通省は、電動車に限り、重量などの道路通行制限を緩和することを視野に入れている。ディーゼル車と比較して電池が重く大きいため、積載量が減少するといった、大型トラックなど商用車の電動化に際しての課題を解消するのが目的。…

国交省、中継輸送の交替ルール整備

 国土交通省は、トラックの中継輸送の普及・実用化に向け、高速道路上のドライバー交替の運用ルールを整備するため、9月に東北自動車道・佐野サービスエリア(SA)下りで実証実験を実施する。検証結果を踏まえ、2024年度末までに…

オススメ記事

政府米保管料/「積数計算方式」統一、国会議員巻き込み実現

 政府所有米穀の保管料の計算方法について、2024年度契約分から「積数計算方式」に一本化されたことは、コメの保管を手掛ける倉庫会社にとって念願の改善事項だった。地道な要望活動が関連団体や国会議員を巻き込み、現場に対する理…

T2・佐川急便・セイノーHD、「レベル4」実現へ実証

 T2(森本成城社長兼CEO=最高経営責任者、東京都千代田区)と佐川急便(本村正秀社長、京都市南区)、セイノーホールディングスは11日、特定条件下での完全自動運転「レベル4」トラックでの幹線輸送実現に向けた公道実証を開始…

国交省/「大型電動車」普及促進、通行制限緩和を視野

 国土交通省は、電動車に限り、重量などの道路通行制限を緩和することを視野に入れている。ディーゼル車と比較して電池が重く大きいため、積載量が減少するといった、大型トラックなど商用車の電動化に際しての課題を解消するのが目的。…

国交省、中継輸送の交替ルール整備

 国土交通省は、トラックの中継輸送の普及・実用化に向け、高速道路上のドライバー交替の運用ルールを整備するため、9月に東北自動車道・佐野サービスエリア(SA)下りで実証実験を実施する。検証結果を踏まえ、2024年度末までに…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap