物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

室ト協、トレーラ安全運転研修 動作の特殊性を体験

団体

2016/07/21 0:00

 【北海道】室蘭地区トラック協会(成田俊彦支部長代行)は9、10日の両日、ワーカム北海道(敞田(しょうだ)正社長、北海道むかわ町)でドライバーを対象にトレーラ安全運転研修会を開いた。  関根淳専務は「参加者の中には、すでにトレーラに乗っている方や、これから初めて乗る方もいると思う。今日は、インストラクターの指示に従いながら、トレーラの特殊性を体験して欲しい。また、今年4月、国土交通省から大型車の車両火災事故防止に向けて確実な点検整備を実施するよう、通達が出されているので、各社で徹底するようお願いしたい」とあいさつ。  実技では、圧雪路とアイスバーンを再現した低μ(ミュー)路を走行。時速25キロからハンドルを90度切り、アクセルペダルを離すことで起こるジャックナイフ現象を体験した。更に、時速30キロの一定速度で楕円状に走行し、片輪を浮かせるロールオーバーなどを実際に体験することで、トレーラの動作の特殊性を学んだ。座学では、トレーラ事故の特徴などを学んだ。(大島杏奈) 【写真=圧雪路やアイスバーンを再現してジャックナイフ現象を実施】





Share via
Copy link
Powered by Social Snap