物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

石ト協、加賀飛脚「徐々に定着」 初めて仕込みから協力

団体

2016/07/14 0:00

 【石川】石川県トラック協会(谷本義治会長)は6月30日、江戸時代に天然の氷を将軍家に献上した史実に基づく伝統行事「加賀飛脚」に取り組んだ。3回目となる今年は、冬季に行う氷室への仕込みから初めて協力。7月4日には加賀藩が下屋敷を構えていた東京都板橋区まで運んだ。  金沢市の湯涌温泉観光協会(山下新一郎会長)が、30年以上継続している夏の風物詩「氷室開き」に協賛した。近くの寺に奉納することで終了していた催しに、新たに市内中心部へ運搬するパフォーマンスを追加。切り出された氷を長持に入れ、JR金沢駅まで17キロの道のりを石ト協青年部会(坂池克彦部会長)の有志が交代で担いだ。  これまでは、広報効果を狙い、6月の最終日曜に実施していたが、今回から歴史をより忠実に再現するため、30日に固定。2015年の北陸新幹線開業以降、大勢の観光客が訪れており、従来と同様に高い注目を集めることとなった。  同駅東広場の鼓門前に到着後、谷本会長が、取り出された氷を観光協会の山下会長へ手渡した。山下氏は青年部会の力添えに感謝の意を示した。  谷本氏は「まだ3回目だが、徐々に定着してきたのではないか。昔は昼夜を問わず走り、4、5日かかったとされるが、現在は新幹線がある。しかし、いくら輸送手段が進歩しても、物流の重要性は変わらない。一般の人たちにも、改めて認識していただけたら幸い」と述べた。(河野元) 【写真=金沢駅まで運搬後、鼓門前で氷を取り出す】





Share via
Copy link
Powered by Social Snap