物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

村山運輸、熊本へサクランボ贈呈 復旧願い「少しでも支援」

物流企業

2016/07/11 0:00

 【山形】村山運輸(佐藤正一社長、山形県村山市)は2日、熊本地震の被災者を支援するため、熊本県トラック協会(住永豊武会長)などにサクランボを贈った。佐藤社長が趣味で栽培した自慢のサクランボで、熊ト協のほか、熊本県大津町の被災者にも届けた。  「被災された方々を元気付けたい。少しでも復旧を支援したい」という一心で、贈呈を決意。品種は被災地の気候や発送時期を考慮して、大粒の「紅秀峰」を選び、宅配便で送付した。  熊ト協には、山形県トラック協会(加川操一会長)を介して2キロ詰めパックを4箱、知人の大津町の被災者向けには5キロ詰めを10箱送った。  サクランボ栽培は30年ほど前、佐藤氏が荷主の勧めで1本植えたのが始まり。毎年、畑(栽培地)を増やし、品種も加えて苗木を植え、現在では80本近くになり、近隣の果樹農家よりも多いほどになった。  趣味が高じて、サクランボだけでなく、アスパラガスやトウモロコシ、大根、コメなど農家が栽培する品目はほとんどそろえ、品質も玄人はだしと評される。農作業は同氏に加え、臨時の作業員を雇い、時には従業員も駆り出される。収穫した青果物は荷主や知人に送り届ける。サクランボの時期には毎年、関係者を招待し、私設「サクランボ狩り」でごった返す。  佐藤氏は「大きな災害が起きれば、経営計画が狂う。同じ経営者として、心が痛む。サクランボで、少しでも、元気を出していただきたい。一日でも早い復旧を願う」と語った。(黒田秀男) 【写真=贈り届けるサクランボを見せる佐藤社長】





本紙ピックアップ

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

オススメ記事

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap