物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

国交省、省内に宅配ロッカー 再配達削減 1カ月試験

行政

2016/07/07 0:00

が初めてPUDOを利用する。 国土交通省は1日、宅配便の再配達削減に向けた取り組みとして、同省が入る中央合同庁舎3号館(東京都千代田区)内に宅配ロッカーを設置した。国交省によると、オフィスビルに設けるのは初めてで、1カ月の試験実施となる。職員の利用を通じ、先導的な取り組みのPRを図るとともに、取り組みの成果を今後の施策に生かす。(土屋太朗)  日本郵便(JP、横山邦男社長、同区)の荷物を受け取れる「はこぽす」と、ヤマト運輸(長尾裕社長、中央区)、佐川急便(荒木秀夫社長、京都市南区)の宅配便を扱う「PUDOステーション」を設置。再配達の受け取りに加え、配達先として始めから指定することもできる。  同日開催した設置セレモニーでは、国交省から宮内秀樹政務官、重田雅史物流審議官に加え、JPの津山克彦常務執行役員、ヤマト運輸の小菅泰治常務執行役員が出席。宅配各社が利用できるオープン型の宅配ロッカー、PUDOを運用するPackcityJapanのリュケ・ジャン・ロラン社長と、はこぽすの開発を手掛けたフルタイムシステム(東京都千代田区)の原幸一郎社長も参加した。  Packcity Japanはヤマト運輸と仏企業との合弁会社で、ヤマト運輸の競合他社では佐川急便が初めてPUDOを利用する。    宮内氏が「生産性を向上させていく上で、宅配ロッカーの普及は望ましい。省が先んじて設置・利用していくことで社会に広まって欲しい」とあいさつ。津山氏は「便利さを実感して欲しい。はこぽすは現在ゆうパックのみだが、今後は他の宅配便も扱えるようにしたい」と語った。  小菅氏も「職場で受け取れるようになるのは意義がある。職員の皆さんに体験してもらい、あらゆる所に設置できれば」と期待感を示した。  その後、デモンストレーションとして宮内氏がロッカーを使った宅配便の受け取りを実践した。  電子商取引(EC)市場の拡大に伴い、宅配便の取り扱い個数は増加傾向。一方で、宅配便の20%が再配達となり、ドライバーの労働環境悪化や非効率性などが問題視されていた。このため、宅配ロッカーの活用など受け取り方法の多様化が対策の一つに挙げられている。 【写真=デモンストレーションで、宅配便を受け取る宮内政務官】





本紙ピックアップ

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

アジア・シームレス物流フォーラム、74社・団体が出展

 日本マテリアルフロー研究センター(松川弘明会長)が主催する「アジア・シームレス物流フォーラム2024」が16、17の両日、東京流通センター(有森鉄治社長、東京都大田区)で開催された。「2024年問題」や物流DX(デジタ…

オススメ記事

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

アジア・シームレス物流フォーラム、74社・団体が出展

 日本マテリアルフロー研究センター(松川弘明会長)が主催する「アジア・シームレス物流フォーラム2024」が16、17の両日、東京流通センター(有森鉄治社長、東京都大田区)で開催された。「2024年問題」や物流DX(デジタ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap