物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

大塚倉庫、退勤時間を見える化 働き方「見直し」促す

物流企業

2016/06/30 0:00

 大塚倉庫(浜長一彦社長、大阪市港区)は全社的な残業時間の削減に取り組んでいる。ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)を推進する施策の一環で、全事業所の最終退出者をネット上で一覧できる態勢を構築。事業所単位の退勤時間を見える化することにより、長時間労働を前提とした働き方の見直しを促している。(沢田顕嗣)  残業時間を削減する方針は2015年6月から打ち出し、代表電話は一定時刻を過ぎると留守番電話に切り替わるように設定。退勤時間が遅いことを理由とした罰則などは課していないが、仕事を互いにカバーし合うチームスピリットの醸成にもつながり、定時退社率がアップしている。更に、15年度の有休休暇取得率(10日間以上)も14年度比で5ポイント増の42%に上昇したという。  定時退社で生まれた時間を有効活用するため、社内のサークル活動も奨励している。阿波踊り、カーリング、釣りなど事業所単位で様々なサークルが誕生しており、浜長社長はランニング部に所属している。  こうした取り組みは社内に限定したものではなく、対外的には荷受け時間の予約制を15年11月から採用。同社が注力している「ID運輸」の延長線の取り組みと位置付け、納品時間を事前に取り決めることにより、ドライバーの労働時間短縮に寄与する。待機時間の解消に結び付くため、車両回転率の向上も見込めるとしている。  浜長氏は「終わりの時刻を意識することで、仕事のやり方が目に見えて変わってきた。残業代をカットするのが目的ではなく、私生活を充実させることが仕事にも良い影響を与えるという考えに基づく。仕事以外の時間も大事にしよう、という提案でもある。属人的な仕事のスタイルを考え直す契機ともしたい」と話している。 【写真=ランニング部のメンバーと共に記念撮影に臨む浜長社長(前列右から2人目)ら】





本紙ピックアップ

特定技能「自動車運送」追加、研修・生活支援高コスト?

 政府は、外国人在留資格の「特定技能」の基本方針などを一部変更し、バス、タクシー、トラックの3職種で構成する「自動車運送業」など4分野の追加を正式決定した。5年間で3職種を合わせ2万4500人の受け入れを見込むが、特定技…

運輸労連/労使懇、持続可能な物流へ連携

 運輸労連加盟の大手物流事業者の労使による懇談会(全国単組労使懇談会)が12日、東京都で開催された。トラックドライバーの時間外労働上限規制が適用され、物流の持続可能性が最大課題となる中、労使が連携して課題解決に取り組んで…

アイオイシステム、物流DXをコーディネート

 アイオイ・システム(吉野豊社長、東京都品川区)は2024年度、TOPPANグループのシナジーにより、正確なピッキングを支援するデジタル表示器やプロジェクターの販売にとどまらず、WMS(倉庫管理システム)の開発や各種情報…

岡山県貨物運送、岡山・津山にセンター

 岡山県貨物運送は11日、久米産業団地(岡山県津山市)に建設していた津山主管支店(平田成実支店長)の新事務所・物流センターの竣工式を行った。5月7日から本格的に営業を開始する。給食配送など地域密着型の物流サービスで貢献す…

オススメ記事

特定技能「自動車運送」追加、研修・生活支援高コスト?

 政府は、外国人在留資格の「特定技能」の基本方針などを一部変更し、バス、タクシー、トラックの3職種で構成する「自動車運送業」など4分野の追加を正式決定した。5年間で3職種を合わせ2万4500人の受け入れを見込むが、特定技…

運輸労連/労使懇、持続可能な物流へ連携

 運輸労連加盟の大手物流事業者の労使による懇談会(全国単組労使懇談会)が12日、東京都で開催された。トラックドライバーの時間外労働上限規制が適用され、物流の持続可能性が最大課題となる中、労使が連携して課題解決に取り組んで…

アイオイシステム、物流DXをコーディネート

 アイオイ・システム(吉野豊社長、東京都品川区)は2024年度、TOPPANグループのシナジーにより、正確なピッキングを支援するデジタル表示器やプロジェクターの販売にとどまらず、WMS(倉庫管理システム)の開発や各種情報…

岡山県貨物運送、岡山・津山にセンター

 岡山県貨物運送は11日、久米産業団地(岡山県津山市)に建設していた津山主管支店(平田成実支店長)の新事務所・物流センターの竣工式を行った。5月7日から本格的に営業を開始する。給食配送など地域密着型の物流サービスで貢献す…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap