物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

三和倉庫、危険物倉庫 稼働順調 千葉・市原 高付加価値品に対応

物流企業

2016/06/16 0:00

 三和倉庫(鷹見伸佳社長、東京都港区)が3月に竣工した千葉事業所の新定温危険物倉庫(千葉県市原市)が、順調に稼働している。周辺には化学品メーカーが多いことから、厳密な温度管理を必要とする高付加価値製品の保管ニーズに対応し、荷主の品質向上をサポートしている。  京葉コンビナート内に立地する同事業所は1963年に開設。一般倉庫2棟、危険物倉庫5棟を持つ南岸倉庫、塩化ビニールの取り扱いとローリー充てん作業がメインの玉前倉庫、顧客工場内でのドラム缶充てん作業などを手掛けるMPC出張所で構成する。  新倉庫は南岸倉庫内に新設し、鉄骨造り平屋建てで建築面積994平方メートル。常温倉庫(床面積663平方メートル)と、セ氏15度以下に温度設定可能な定温倉庫2区画(各165平方メートル)の計3区画となっている。  準耐火建築物で、定温倉庫には空調機計8基、防爆型LED(発光ダイオード)照明を装備。自動火災報知機、屋外消火栓のほか、非常用電源も備え、荷主のBCP(事業継続計画)に対応する。  庫内は危険物の取り扱いを熟知した作業スタッフが管理。危険物第4類の第1~4石油類を扱える。毒劇物や保税貨物の保管にも対応が可能だ。  同事業所周辺には化学工場が多く、各メーカーは、汎用(はんよう)品から付加価値の高い化学製品の生産へシフトしている。ただ、千葉エリアには危険物倉庫が少なく、今後需要が見込めることから、倉庫を新設した。常温倉庫は既にフル稼働状態で、定温倉庫の引き合いも多い。  三和倉庫では、2013~15年の3カ年中期経営計画で、設備投資による化学品の庫腹量増加を掲げており、新倉庫は中計の目玉として立ち上げられた。  同社では「化学品メーカーの中には、千葉エリアで生産した高付加価値製品を、京浜エリアの危険物倉庫に輸送し保管しているケースがある。新倉庫を活用することで、輸送コスト削減のメリットもある」としている。  同社は今後も設備投資を積極的に進め、荷主ニーズに応えていく方針だ。(吉田英行) 【写真=非常用電源も備え、荷主のBCPに対応】





オススメ記事

パスコロジ、茨城で中継輸送拡大

 パスコ・ロジスティクス(神保昌明社長、神奈川県海老名市)は、千葉県野田市の工場から茨城県向けのパン配送で行っている中継輸送のエリアを20日から拡大。これまでの茨城県北部に加え、県南東部の鹿行地域向けも中継輸送化する。ド…

JL連合会、ヒューマンネット活性化

 日本ローカルネットワークシステム協同組合連合会(JL連合会、迫慎二会長)は14日、総会を開き、事業計画など5議案を承認した。「2024年問題」に直面する年度に入り、人手不足や物価高騰など様々な課題を抱える中、本部・地域…

コクヨサプライロジ、ピックロボ稼働

 コクヨグループの文房具、事務用品の物流を手掛けるコクヨサプライロジスティクス(若林智樹社長、大阪市東成区)は15日、カウネット福岡物流センター(福岡県粕屋町)で、ピッキングを補助するロボットを本格稼働させた。バラ出荷工…

北陸地整局、新潟東港で貨物輸送実証

 北陸地方整備局は14日、黒山駅分岐新潟東港専用線(旧新潟臨海鉄道)の旧藤寄駅で、新潟港に近接する臨港鉄道を活用した海上コンテナの輸送実証を行った。「2024年問題」の影響を踏まえ、港湾周辺の脱炭素化を図るカーボンニュー…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap