物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

釜石港、リーファー用電源を増設 貨物量増対応 輸出拡大めざす

行政

2016/06/09 0:00

 岩手県は、釜石港のリーファー(冷蔵・冷凍)コンテナ用のコンセントを増設する。2016年度中に42口を新たに設置する予定。これまではコンセントの数が足りないため大口の注文に対応できず、水産関係の貨物が県外の港へ流れてしまうケースが見受けられた。大幅に設備を増強し、釜石からの輸出拡大を目指していく。(今松大)  15年の同港のリーファーコンテナ取扱数は250TEU(20フィートコンテナ換算)で、12年の7TEUから急増。ポートセールスが奏功し、サバやタラ、サケ、マグロなど冷凍の魚類が好評だ。東日本大震災前の電源数は、わずか2口。貨物量の増加に伴って12年に12、15年に16まで口数を増やしてきた。  三陸沿岸道路などの復興道路・復興支援道路が急ピッチで整備されていることも、釜石の価値を高めている。高速道路で仙台市や県内の内陸部とのアクセスが向上し、港を利用しやすい環境が整ってきた。ガントリークレーンの設置計画も進んでいる。  沿岸広域振興局土木部の鎌田進副部長は「受け入れ体制を強化することで、八戸や仙台に流れていた荷物にも対応が可能になる。地元の施設を利用して、貨物量を一層増やすことができればうれしい」と話している。 【写真=サバやタラなど冷凍の魚類が好評(釜石市港湾振興課提供)】





本紙ピックアップ

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

アジア・シームレス物流フォーラム、74社・団体が出展

 日本マテリアルフロー研究センター(松川弘明会長)が主催する「アジア・シームレス物流フォーラム2024」が16、17の両日、東京流通センター(有森鉄治社長、東京都大田区)で開催された。「2024年問題」や物流DX(デジタ…

オススメ記事

共同配送、「競争しない」一般化へ

 「2024年問題」対策で積載率の向上が求められる中、様々な業界で共同配送の取り組みが進んでいる。運用体制を工夫したり、モーダルシフトを活用したりして更なる効率化に成功している事例もある。人手不足などで「物流危機」が強く…

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap