物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

国交省/自賠責保険懇、一般会計繰入で協議 早期返済を要請へ

行政

2016/06/06 0:00

 国土交通省は5月31日、「今後の自動車損害賠償保障制度のあり方に係る懇談会」(落合誠一座長、東京大学名誉教授)を開き、自動車損害賠償責任(自賠責)保険料の積立金・剰余金のうち6114億円が一般会計に繰り入れられている問題について協議した。財務省が繰り戻しに応じない現状に対し、有識者側から「もっと厳しい姿勢で、一刻も早い返還を求めるべき」といった強い声が上がった。  自賠責保険料は、自動車安全特別会計に積み立てられ、交通事故被害者の救済などに充てられてきたが、1994、95年度に運用益が一般会計に繰り入れられた。特別会計へ繰り戻す期限は大臣間の合意で決められ、最初の合意では2000年度に返済する予定だったが、財務省は「財政状況の悪化」を理由に先延ばししてきた。10年には当時の野田佳彦財務相と馬淵澄夫国交相が、18年度までに返済することで合意している。  懇談会では、国交省自動車局の担当官が、元本残高4848億円に利子相当額1193億円を合わせた6114円に膨れ上がった現況を説明するとともに、「16年度予算で自動車安全特別会計に戻すよう財務省と協議したが、厳しい状況から見送られた」と報告した。  毎年繰り返される「ゼロ回答」に対し、「財政状況が厳しいことは分かるが、(国家予算全体からみて)少ない額の繰入金を返せないというのは通用しない。基金を切り崩している不健全性を世論にアピールすべき」(相原康伸自動車総連会長)、「このまま18年度まで返済を待つのではなく、一歩踏み込んだ回答が得られるよう努めて欲しい」(中島哲・日本自動車会議所専務)など、踏み込んだ対応を求める意見が続出した。  これに対し、国交省側は「分割返済でも構わないので、早期に繰り入れてもらえるよう要請していく」と答えた。(田中信也) 【写真=毎年繰り返される「ゼロ回答」に対し、財務省への厳しい意見が続出】





本紙ピックアップ

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

オススメ記事

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap