物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

福島ト協連、除染土壌輸送に対応 復興支援協組と連携強化

団体

2016/05/30 0:00

 【福島】福島県トラック運送事業協同組合連合会(渡辺泰夫会長)は24日開いた総会で、WebKITの利用促進による輸送効率化と情報共有化に努め、共同事業の活性化を図っていくことを申し合わせた。  併せて、原発事故による除染土壌の中間貯蔵施設への搬入業務に関して、緑ナンバートラックの受け入れ窓口として2015年10月、福島県トラック協会(渡辺会長)が中心になって設立した福島復興支援輸送協同組合(同理事長)との連携を強化して輸送需要に対応していく方針を示した。  渡辺会長は「協会と復興支援協組は一体だ。中間貯蔵施設への搬入業務にしっかりと対応し、福島の再生に尽力していきたい。連合会としても全面的に支援していこう」と連携強化を求めた。  また、復興支援協組の今後の取り組みに触れ、輸送品目を建設資材だけでなく除染土壌、廃棄物などにも拡大。更に、参加希望事業所の加入を進め、組織を拡大する考えを示した。  事業計画として①共同事業の拡大(WebKIT利用促進、燃料共同購買の拡大)②中間貯蔵施設への(建材及び除染廃棄物)輸送に関する調査研究③教育研修事業の推進――などを掲げた。  会員数は6協組。予算は340万円。(富田久男) 【写真=WebKITの利用促進による輸送効率化と情報共有化に努める】





本紙ピックアップ

政府米保管料/「積数計算方式」統一、国会議員巻き込み実現

 政府所有米穀の保管料の計算方法について、2024年度契約分から「積数計算方式」に一本化されたことは、コメの保管を手掛ける倉庫会社にとって念願の改善事項だった。地道な要望活動が関連団体や国会議員を巻き込み、現場に対する理…

T2・佐川急便・セイノーHD、「レベル4」実現へ実証

 T2(森本成城社長兼CEO=最高経営責任者、東京都千代田区)と佐川急便(本村正秀社長、京都市南区)、セイノーホールディングスは11日、特定条件下での完全自動運転「レベル4」トラックでの幹線輸送実現に向けた公道実証を開始…

国交省/「大型電動車」普及促進、通行制限緩和を視野

 国土交通省は、電動車に限り、重量などの道路通行制限を緩和することを視野に入れている。ディーゼル車と比較して電池が重く大きいため、積載量が減少するといった、大型トラックなど商用車の電動化に際しての課題を解消するのが目的。…

国交省、中継輸送の交替ルール整備

 国土交通省は、トラックの中継輸送の普及・実用化に向け、高速道路上のドライバー交替の運用ルールを整備するため、9月に東北自動車道・佐野サービスエリア(SA)下りで実証実験を実施する。検証結果を踏まえ、2024年度末までに…

オススメ記事

政府米保管料/「積数計算方式」統一、国会議員巻き込み実現

 政府所有米穀の保管料の計算方法について、2024年度契約分から「積数計算方式」に一本化されたことは、コメの保管を手掛ける倉庫会社にとって念願の改善事項だった。地道な要望活動が関連団体や国会議員を巻き込み、現場に対する理…

T2・佐川急便・セイノーHD、「レベル4」実現へ実証

 T2(森本成城社長兼CEO=最高経営責任者、東京都千代田区)と佐川急便(本村正秀社長、京都市南区)、セイノーホールディングスは11日、特定条件下での完全自動運転「レベル4」トラックでの幹線輸送実現に向けた公道実証を開始…

国交省/「大型電動車」普及促進、通行制限緩和を視野

 国土交通省は、電動車に限り、重量などの道路通行制限を緩和することを視野に入れている。ディーゼル車と比較して電池が重く大きいため、積載量が減少するといった、大型トラックなど商用車の電動化に際しての課題を解消するのが目的。…

国交省、中継輸送の交替ルール整備

 国土交通省は、トラックの中継輸送の普及・実用化に向け、高速道路上のドライバー交替の運用ルールを整備するため、9月に東北自動車道・佐野サービスエリア(SA)下りで実証実験を実施する。検証結果を踏まえ、2024年度末までに…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap