物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

滋倉協、浅野会長が2期目 基本方針「生まれ変わる」

団体

2016/05/23 0:00

 滋賀県倉庫協会(浅野邦彦会長)は13日、総会を開き、事業計画と予算案などを承認した。任期満了に伴う役員改選では、正副会長の留任を決定。浅野会長(54、浅野運輸倉庫)は2期目の基本方針に「生まれ変わる倉庫協会」を掲げ、事務局体制や組織の改変、全員参加型の運営に努めながら、最終目標である「持続可能な協会」の創造を目指す方針を示した。  2015年度末における貨物動向は、月平均で入庫高数量36万8千トン(前の年度比5.5%増)、出庫高数量が39万3千トン(5.1%増)。保管残高数量は68万1千トン(0.2%減)で、金額ベースでは、1198億円(1.8%増)。所管面積は会員の倉庫新設により前の年度に比べ3万2876平方メートル増加し、80万2559平方メートルとなった。  16年度は事務所移転に向け、情報収集を行う。6月1日付で、中森正己・前近畿運輸局総務部次長(58)が新事務局長に就任し、事務局体制をより強固なものにする。  また、若年労働者不足対策の一環として行っている倉庫見学会を継続し、新卒採用をバックアップ。日本倉庫協会や近隣府県の倉庫協会などとの連携も強める。  予算3029万円。  浅野氏は「1期目は『開かれた倉庫協会』をスローガンに、高校就職担当教員向けの倉庫見学会、会費見直し、京滋冷凍倉庫協会との合同研修、宮城県倉庫協会と共催の海外視察研修旅行など新しい取り組みにチャレンジした」と振り返った。  その上で、「更に『進化』『深化』させ、内容の充実と機能強化を図る。事務局体制については、初めて近運局出身者を迎えるとともに、事務所も移転し、集いの場としての利便性を高めていく。未来志向で歩みを進めるので、協力をお願いしたい」と呼び掛けた。(落合涼二) 【写真=2期目の基本方針を披露する浅野会長(中央)】





本紙ピックアップ

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

オススメ記事

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap