物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

山岡産輸、環境リサイクルに参入 フィルム製造ライン開設

物流企業

2016/05/23 0:00

 【千葉】加藤運輸グループの山岡産輸(加藤健一社長、千葉県市川市)は梱包用ラップなどストレッチフィルムの再生事業に参入する。大手特積事業者の幹線輸送を主力業務にしてきたが、環境リサイクル事業を新たな柱に育てる方針だ。  加藤運輸グループでは以前から、ベトナムで小売店向けのリサイクル・ビニール袋を製造しているが、山岡産輸は国内製造にシフト。輸出入コストを低減させた安価な製品供給を目指していく。  2015年1月から、ストレッチフィルムや結束用樹脂PP(ポリプロピレン)バンド、プラスチックパレットなどの樹脂製品の回収を開始し、茨城県小美玉市の再生工場で原材料の再生ペレットに加工。年内稼働の予定で、工場内にフィルム製造ラインの開設を進めている。  原材料の廃プラスチック類は有価物として月12㌧回収。月産100トンの目標達成に向け、廃材の提供先を開拓している。それに合わせ、11月には産業廃棄物の収集運搬免許を取得した。原料の提供先である物流企業は再生フィルムの顧客でもあり、安心して取引できる体制を準備するためだ。  山岡産輸は車両108台を保有し、市川本社と中部営業所(岐阜県各務原市)の2拠点体制で運行している。主力荷主は佐川急便(荒木秀夫社長、京都市南区)とヤマト運輸(長尾裕社長東京都中央区)の2社。新事業の開設で、売り上げの大半を特定荷主に依存する状況からの脱却を目指す。  また、5月中にも加藤運輸グループの環境事業効率化のため、グループ4社でグリーン環境協同組合(仮称)を設立する予定だ。  環境リサイクル事業の指揮を執る同社最高顧問の渡辺秀雄氏(62)は「ストレッチフィルムは物流に不可欠の資材。各社の要望に応じ、工夫した新商品を提供し、メーカー機能を強化していく」と話している。(佐々木健) 【写真=茨城県小美玉市の再生工場で原材料の再生ペレットに加工】





本紙ピックアップ

トラックGメン創設1年、「商慣行見直し」着実に効果

 「トラックGメン」の創設から1年――。初の「勧告」をはじめとする、適正取引の違反が疑われる荷主・元請事業者に対する法的措置(是正指導)は、創設前と比べ飛躍的に増加し、物流の商慣行見直しに向けて着実に効果を上げている。一…

トラック「自動運転」レベル4実証むけ、通信環境を整備へ

 総務省は、レベル4(特定条件下での完全自動運転)トラックの実証に必要な通信環境整備として、5.9㌐ヘルツ帯を活用したV2X通信の実用化に向け、既存ネットワークを活用したV2N通信との両にらみで評価・実証などに取り組む。…

ギオン、美容室とコラボイベント

 ギオン(衹園彬之介社長、相模原市中央区)は17日、全国に70店舗を展開する美容室大手のTAYAとコラボレーションし、女性社員の「自分らしさ」「美しさ」「働きやすさ」追求を応援するイベント「女性ドライバー大変身」を行った…

ヒカリHDグループ、「食品・太陽光」荷動き活発

 ヒカリホールディングス(長田義光会長、岡山市北区)グループは、業績を順調に拡大させている。主力輸送品目の食品や、太陽光発電システム関連の荷動きが活発で、岡山市北部では土地開発(3万3千平方㍍)にも着手し、新しい物流セン…

オススメ記事

トラックGメン創設1年、「商慣行見直し」着実に効果

 「トラックGメン」の創設から1年――。初の「勧告」をはじめとする、適正取引の違反が疑われる荷主・元請事業者に対する法的措置(是正指導)は、創設前と比べ飛躍的に増加し、物流の商慣行見直しに向けて着実に効果を上げている。一…

トラック「自動運転」レベル4実証むけ、通信環境を整備へ

 総務省は、レベル4(特定条件下での完全自動運転)トラックの実証に必要な通信環境整備として、5.9㌐ヘルツ帯を活用したV2X通信の実用化に向け、既存ネットワークを活用したV2N通信との両にらみで評価・実証などに取り組む。…

ギオン、美容室とコラボイベント

 ギオン(衹園彬之介社長、相模原市中央区)は17日、全国に70店舗を展開する美容室大手のTAYAとコラボレーションし、女性社員の「自分らしさ」「美しさ」「働きやすさ」追求を応援するイベント「女性ドライバー大変身」を行った…

ヒカリHDグループ、「食品・太陽光」荷動き活発

 ヒカリホールディングス(長田義光会長、岡山市北区)グループは、業績を順調に拡大させている。主力輸送品目の食品や、太陽光発電システム関連の荷動きが活発で、岡山市北部では土地開発(3万3千平方㍍)にも着手し、新しい物流セン…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap