物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

YCT /18年度までに シャシー60台代替

団体

2016/05/16 0:00

 【神奈川】横浜シャーシターミナル協同組合(YCT、高橋義幸理事長)は2018年度までに、トレーラシャシー60台を新車に代替する。協組設立30周年記念事業の一環で、利用料金の引き下げも視野に入れる。  YCTは861台のシャシーを保有し、組合員10社が共同利用している。シャシーは、組合員の要望やYCTの整備担当者の意見を聞いて最も利用しやすい車種を選んだ。組合員が日常的に使用する新シャシーに入れ替え、利用率を高めることで料金を引き下げ、組合員各社のコスト削減と経営基盤強化を図るのが狙い。  16年度は第1段階として6千万円を投資し、既に20台を発注。5月中にも納車される予定だ。3年間の投資額は計2億円。  城所和也事務局長は「シャシーが足りないため、組合員が仕事を取れない――ということが絶対起こらないようにしたい。組合員を一層強い企業にする手伝いをしていく」と話している。  このほか、30周年記念事業として、12月をメドに記念誌を作成する。理事長あいさつや30年の歩みを収録し、関係各方面に配布する予定。カラー写真を多く取り入れ、役員の写真も顔だけでなく全身を入れるなど、ビジュアル面にこだわった誌面とする。  YCTは1986年4月、海上コンテナ輸送事業者10社で設立。立て掛け式シャシー共同駐車設備や整備工場、給油所、尿素水スタンドを持つ。シャシー共同利用のほか、トラクタヘッド共同購入・リース、ETC(自動料金収受システム)共同精算事業などを手掛けている。(吉田英行) 【写真=10社が共同利用する立て掛け式駐車設備】





本紙ピックアップ

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

オススメ記事

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap