物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

YCT /18年度までに シャシー60台代替

団体

2016/05/16 0:00

 【神奈川】横浜シャーシターミナル協同組合(YCT、高橋義幸理事長)は2018年度までに、トレーラシャシー60台を新車に代替する。協組設立30周年記念事業の一環で、利用料金の引き下げも視野に入れる。  YCTは861台のシャシーを保有し、組合員10社が共同利用している。シャシーは、組合員の要望やYCTの整備担当者の意見を聞いて最も利用しやすい車種を選んだ。組合員が日常的に使用する新シャシーに入れ替え、利用率を高めることで料金を引き下げ、組合員各社のコスト削減と経営基盤強化を図るのが狙い。  16年度は第1段階として6千万円を投資し、既に20台を発注。5月中にも納車される予定だ。3年間の投資額は計2億円。  城所和也事務局長は「シャシーが足りないため、組合員が仕事を取れない――ということが絶対起こらないようにしたい。組合員を一層強い企業にする手伝いをしていく」と話している。  このほか、30周年記念事業として、12月をメドに記念誌を作成する。理事長あいさつや30年の歩みを収録し、関係各方面に配布する予定。カラー写真を多く取り入れ、役員の写真も顔だけでなく全身を入れるなど、ビジュアル面にこだわった誌面とする。  YCTは1986年4月、海上コンテナ輸送事業者10社で設立。立て掛け式シャシー共同駐車設備や整備工場、給油所、尿素水スタンドを持つ。シャシー共同利用のほか、トラクタヘッド共同購入・リース、ETC(自動料金収受システム)共同精算事業などを手掛けている。(吉田英行) 【写真=10社が共同利用する立て掛け式駐車設備】





本紙ピックアップ

物効法・貨物事業法改正案/衆院通過、付帯決議17項目採択

 「2024年問題」に対応して荷主への規制や多重下請け構造の是正措置などを盛り込んだ物流総合効率化法と貨物自動車運送事業法の改正案が11日の衆議院本会議で可決、成立し、参議院に送られた。10日の衆院国土交通委員会(長坂康…

国交省/型式指定不正防止、抜本解決へ検討会設置

 国土交通省は9日、近年の自動車の型式指定申請における不正事案を踏まえ、有識者による「自動車の型式指定に係る不正行為の防止に向けた検討会」(大聖泰弘座長、早稲田大学名誉教授)を立ち上げた。不正の未然防止と早期発見に向け、…

ライフサポートエガワ、西日本に初の拠点

 ライフサポート・エガワ(江川哲生社長、東京都足立区)は西日本エリアでの共同配送事業を強化する。15日、西日本で初の自社拠点となる福岡センター(福岡市東区)を稼働。大手コンビニエンスストアの物流センター向けの配送や在庫機…

ウェザーニューズ/異常気象時の交通影響予測、アプリでも配信

 ウェザーニューズ(WN)は4日、異常気象時の輸配送継続に向けた支援サービスを、「ウェザーニュースfor business」の「交通影響予測」として複数のプラットフォームで利用できる新サービスにリニューアルした、と発表し…

オススメ記事

物効法・貨物事業法改正案/衆院通過、付帯決議17項目採択

 「2024年問題」に対応して荷主への規制や多重下請け構造の是正措置などを盛り込んだ物流総合効率化法と貨物自動車運送事業法の改正案が11日の衆議院本会議で可決、成立し、参議院に送られた。10日の衆院国土交通委員会(長坂康…

国交省/型式指定不正防止、抜本解決へ検討会設置

 国土交通省は9日、近年の自動車の型式指定申請における不正事案を踏まえ、有識者による「自動車の型式指定に係る不正行為の防止に向けた検討会」(大聖泰弘座長、早稲田大学名誉教授)を立ち上げた。不正の未然防止と早期発見に向け、…

ライフサポートエガワ、西日本に初の拠点

 ライフサポート・エガワ(江川哲生社長、東京都足立区)は西日本エリアでの共同配送事業を強化する。15日、西日本で初の自社拠点となる福岡センター(福岡市東区)を稼働。大手コンビニエンスストアの物流センター向けの配送や在庫機…

ウェザーニューズ/異常気象時の交通影響予測、アプリでも配信

 ウェザーニューズ(WN)は4日、異常気象時の輸配送継続に向けた支援サービスを、「ウェザーニュースfor business」の「交通影響予測」として複数のプラットフォームで利用できる新サービスにリニューアルした、と発表し…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap