物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

たちばな運輸、貸切バス事業参入へ 子会社7月にも許可取得

物流企業

2016/05/09 0:00

 【京都】たちばな運輸(吉田敏雄社長、京都市西京区)は貸切バス事業に参入する。子会社のtuc(吉田知史社長、同)が4月18日付で、一般貸切旅客自動車運送事業の許可申請に係る法令試験をクリア。順調に進めば7月にも許可が下りる見通し。今後、京都・嵐山地区に近い立地条件を生かし、観光客や制作会社の撮影班などの送迎を行う。(落合涼二)  tucは2013年に設立。第一種貨物利用運送事業からスタートし、15年に一般貨物自動車運送事業の許可を取得した。貸切バス事業については、1年前、関東で運送や撮影班の送迎を手掛けている会社から、「京都で撮影班の送迎を依頼できる会社があれば」と相談を受け、参入を検討。今年2月に申請した。 マイクロバスやハイエースを3台用意し、ドライバー3人体制で臨む。冠婚葬祭を始め、嵐山地区周辺の観光客向け送迎などを展開。インバウンド効果で京都への観光客は増えており、潜在需要はまだまだ高く、拡大が見込めると判断した。  吉田和史社長は「貨物、旅客というカテゴリーではなく、運送事業という捉え方をすれば、運ぶモノは限りなく広がる。嵐山地区では、エリア制限の問題があるが、ドローン(小型無人機)を活用した輸送も考えられる。固定概念に縛られず、柔軟な発想で運営していきたい」と話す。  たちばな運輸は1954年、東映京都撮影所内で「たちばな産業」として創業、58年に現社名に変更した。映画の撮影機材運搬からスタートし、現在では2トンの平ボディー車から大型ウイング車まで24台を保有。時代の変化に合わせながら、大ロットの貸し切りから小ロットの混載便、保管・流通加工など業容を拡大してきた。子会社を通じての貸切バス事業参入もその一環で、今後、貨客混載も視野に入れる。 【写真=京都・嵐山地区に近い立地を生かし、観光客や制作会社の撮影班などの送迎を手掛ける】





本紙ピックアップ

国交省/車輪脱落防止、大型車ナット緊急点検

 国土交通省は9月30日、大型自動車メーカー4社と連携し、大型トラック・バスのユーザーを対象としたタイヤ脱着時のホイール・ナットの保守管理に関する緊急点検を10月1日から実施する、と発表した。車齢4年以上の大型車約38万…

軽トラック事故増/国交省、関係団体に注意喚起要請

 国土交通省は、軽貨物自動車(軽トラック)による事故の増加が顕著なことを受け、関係団体に対し近く、軽貨物運送事業者への注意喚起を促すよう要請する方針だ。9月30日に開催した事業用自動車に係る総合的安全対策検討会(野尻俊明…

日立物流がオランダ国際フォワーダーの全株取得

 日立物流は9月29日、オランダに本社を構える国際フォワーディング会社の全株式を12月中旬をメドに取得する、と発表した。これにより注力分野であるメディカル事業を拡充するとともに、4月にスタートさせた中期経営計画の重点施策…

ふそう、EVトラ用充電器設置サービス展開

 三菱ふそうトラック・バス(カール・デッペン社長兼CEO=最高経営責任者、川崎市中原区)は9月28日、EV(電気自動車)トラック向けの充電器設置サービスを9月から開始した、と発表した。同社の現行の電気小型トラック「eキャ…

オススメ記事

国交省/車輪脱落防止、大型車ナット緊急点検

 国土交通省は9月30日、大型自動車メーカー4社と連携し、大型トラック・バスのユーザーを対象としたタイヤ脱着時のホイール・ナットの保守管理に関する緊急点検を10月1日から実施する、と発表した。車齢4年以上の大型車約38万…

軽トラック事故増/国交省、関係団体に注意喚起要請

 国土交通省は、軽貨物自動車(軽トラック)による事故の増加が顕著なことを受け、関係団体に対し近く、軽貨物運送事業者への注意喚起を促すよう要請する方針だ。9月30日に開催した事業用自動車に係る総合的安全対策検討会(野尻俊明…

日立物流がオランダ国際フォワーダーの全株取得

 日立物流は9月29日、オランダに本社を構える国際フォワーディング会社の全株式を12月中旬をメドに取得する、と発表した。これにより注力分野であるメディカル事業を拡充するとともに、4月にスタートさせた中期経営計画の重点施策…

ふそう、EVトラ用充電器設置サービス展開

 三菱ふそうトラック・バス(カール・デッペン社長兼CEO=最高経営責任者、川崎市中原区)は9月28日、EV(電気自動車)トラック向けの充電器設置サービスを9月から開始した、と発表した。同社の現行の電気小型トラック「eキャ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap