物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

ロジックスライン、ISO39001認証取得 異業種含め千葉初

物流企業

2016/05/09 0:00

 【千葉】ロジックスライン(沢田秀明社長、千葉県成田市)は、道路交通安全マネジメントシステムの国際規格ISO39001認証を、異業種も含めた千葉県の企業として初めて取得した。4月20日、評価認定機関である日本科学技術連盟(JUSE、佐々木真一理事長)から認定書を受け取った。(高橋和平)  創業からしばらくの間は関係する法令をあまり意識せず事業を行っていたが、2006年に陸運支局の巡回監査が入り、翌年、行政処分の対象となった。これを受け、沢田社長は一念発起し、コンプライアンス(法令順守)に向けた取り組みに本腰を入れ始めた。  2008年にGマーク(安全性優良事業所認定)、 09年にはグリーン経営認証を取得。取り組みを進める中で、社内に安全や環境に対する意識が浸透するにつれ、交通事故は減少。コンプライアンスの推進は会社の存続につながると気付き、ISO39001の取得を決めた。国土交通省が行っている自動車事故対策費補助金と、千葉県内で取得している企業が無かったことが後押しとなって、15年9月から取得に向けて動き出した。  沢田氏は「ISO39001の取得は、会社を存続する上で強みになる。Gマークやグリーン経営認証で行っていたそれぞれの対応が、ISO取得で一つに統合でき、より強固なマネジメントシステムになった。維持するには大変な労力がいるが、コンプライアンスのために取り組んでいく」と話している。 【写真=日本科学技術連盟の白鳥弘二・ISO審査登録センター次長から認定書を受け取る沢田社長(左)】





本紙ピックアップ

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

オススメ記事

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap