物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

国交省、内航海運「省エネ対策」 格付け制度を創設

行政

2016/05/02 0:00

 国土交通省は2017年度、内航海運の省エネルギー対策として、省エネ性能に応じた格付け制度を創設する。二酸化炭素(CO2)排出量の削減率によって、国が格付けを付与。新造船に加え、既存船も対象にする。省エネのレベルや費用対効果を明確にすることで、事業者に対策を促す。併せて、省エネ技術の実証事業を進め、設備導入を通じてフェリーやRORO船などへ普及を図る。  国交省が4月27日開いた、内航海運の省エネルギー化の促進に関する検討会(高木健座長、東京大学大学院教授)で、省エネ施策の方向性を提示。これまでの議論を踏まえ、全ての船種を対象としたものや船種ごとの対策を盛り込んだ。  全ての船種に対する施策として、17年度に格付け制度を創設。省エネ対策の費用対効果が不明確なために投資に踏み切れない事業者が多いことから、ランクを与えて内航船の省エネ性能を判断しやすくする。  00年代の平均的な省エネ性能をベースに、基準値の削減率に応じて格付ける。同省案では、星の数で性能を表す考え。格付けを付与された事業者は、船舶の特別償却制度に活用できるなどの優遇措置を受けられる。  フェリーやRORO船など、1隻当たりの燃料消費量が多い船舶については、省エネ設備の導入を促進。このために、省エネ技術の実証事業を推進させ、成果を公表することで普及につなげたい考えだ。  一般貨物船やタンカーなどでは、荷主やオペレーター、船会社の連携による取り組みを促す。また、大幅な省エネを期待できるモデル船舶の開発も進める。(土屋太朗) 【写真=有識者検討会で、省エネ施策の方向性を提示】





本紙ピックアップ

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

自民物流調査会、24年問題「解消不十分」

 トラック運送業務への時間外労働上限規制のスタートから1カ月が経過したが、適正運賃収受や、荷主都合による長時間の荷待ちの解消といった課題の解消が十分とは言えない──。こうした運送事業者などの声を受け、自民党の物流調査会(…

陸運大手9社/前期、5社が最終減益

 陸運大手の2024年3月期連結決算が出そろい、売上高1500億円以上の9社のうち、4社が前の期比で増収増益だった一方、5社が最終減益だった。物価高の上昇で個人消費が伸びず、宅配貨物や特別積み合せ貨物の荷動きが振るわなか…

全流協、会長にヤマト運輸・小菅氏

 全国物流ネットワーク協会(森日出男会長)は15日、社員総会を開催し、2024年度の事業計画を決定した。任期満了に伴う理事の選任では5人が新たに就き、その後の理事会で会長に小菅泰治氏(62、ヤマト運輸)を選出。副会長は日…

オススメ記事

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

自民物流調査会、24年問題「解消不十分」

 トラック運送業務への時間外労働上限規制のスタートから1カ月が経過したが、適正運賃収受や、荷主都合による長時間の荷待ちの解消といった課題の解消が十分とは言えない──。こうした運送事業者などの声を受け、自民党の物流調査会(…

陸運大手9社/前期、5社が最終減益

 陸運大手の2024年3月期連結決算が出そろい、売上高1500億円以上の9社のうち、4社が前の期比で増収増益だった一方、5社が最終減益だった。物価高の上昇で個人消費が伸びず、宅配貨物や特別積み合せ貨物の荷動きが振るわなか…

全流協、会長にヤマト運輸・小菅氏

 全国物流ネットワーク協会(森日出男会長)は15日、社員総会を開催し、2024年度の事業計画を決定した。任期満了に伴う理事の選任では5人が新たに就き、その後の理事会で会長に小菅泰治氏(62、ヤマト運輸)を選出。副会長は日…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap