物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

公明国交部会、山陽道事故うけ国交相に提言 実運送取引を適正化

行政

2016/04/07 0:00

 公明党の国土交通部会(樋口尚也部会長)は3月29日、広島県東広島市の山陽自動車道下り線・八本松トンネルでの死傷事故に関する提言を、石井啓一国交相に提出した。  事故を起こしたトラックを運行するゴーイチマルエキスライン(後藤義雄社長、埼玉県川口市)の本社営業所に特別監査を実施した結果、事故を起こした容疑者を含む複数の運転者に労働時間超過、健康診断未受診などの法令違反が判明したことを受け、超過勤務の遠因となったトラック業界の多層化構造の実態把握に努めるとともに、必要な改善を要請。  特に、「中継ぎ(元請け、二次請け)事業者から実運送事業者への取引価格・条件の適正化に向けて早急に取り組む」よう求めた。  また、輸送の安全性を確保するため、事業者への指導、悪質事業者に対する重点的な監査、過労運転防止に向けた適切な事業の監督を要請。衝突被害軽減ブレーキ搭載車への税制特例、購入補助などを通じた先進安全技術の普及に努めるよう要望した。  要望書を受け取った石井氏は「業界の多層構造の問題解消に向けては、厚生労働省などと共催のトラック輸送の取引環境・労働時間改善協議会で、荷主も交えた検討を進めている」とコメント。  更に、衝突被害軽減ブレーキについては、「段階的に義務化を進めている」とした上で、「中型トラックには19年11月以降、新車での搭載が義務付けられる」と説明した。(田中信也) 【写真=樋口部会長(左から2人目)が石井国交相に提出】





本紙ピックアップ

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

自民物流調査会、24年問題「解消不十分」

 トラック運送業務への時間外労働上限規制のスタートから1カ月が経過したが、適正運賃収受や、荷主都合による長時間の荷待ちの解消といった課題の解消が十分とは言えない──。こうした運送事業者などの声を受け、自民党の物流調査会(…

陸運大手9社/前期、5社が最終減益

 陸運大手の2024年3月期連結決算が出そろい、売上高1500億円以上の9社のうち、4社が前の期比で増収増益だった一方、5社が最終減益だった。物価高の上昇で個人消費が伸びず、宅配貨物や特別積み合せ貨物の荷動きが振るわなか…

全流協、会長にヤマト運輸・小菅氏

 全国物流ネットワーク協会(森日出男会長)は15日、社員総会を開催し、2024年度の事業計画を決定した。任期満了に伴う理事の選任では5人が新たに就き、その後の理事会で会長に小菅泰治氏(62、ヤマト運輸)を選出。副会長は日…

オススメ記事

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

自民物流調査会、24年問題「解消不十分」

 トラック運送業務への時間外労働上限規制のスタートから1カ月が経過したが、適正運賃収受や、荷主都合による長時間の荷待ちの解消といった課題の解消が十分とは言えない──。こうした運送事業者などの声を受け、自民党の物流調査会(…

陸運大手9社/前期、5社が最終減益

 陸運大手の2024年3月期連結決算が出そろい、売上高1500億円以上の9社のうち、4社が前の期比で増収増益だった一方、5社が最終減益だった。物価高の上昇で個人消費が伸びず、宅配貨物や特別積み合せ貨物の荷動きが振るわなか…

全流協、会長にヤマト運輸・小菅氏

 全国物流ネットワーク協会(森日出男会長)は15日、社員総会を開催し、2024年度の事業計画を決定した。任期満了に伴う理事の選任では5人が新たに就き、その後の理事会で会長に小菅泰治氏(62、ヤマト運輸)を選出。副会長は日…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap