物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

静ト協、大型免許取得に助成 ETC2.0 1台当たり6000円

団体

2016/03/28 0:00

 【静岡】静岡県トラック協会(大須賀正孝会長)は16日、理事会を開き、2016年度の事業計画案を承認した。次世代型自動料金収受システム「ETC2.0」導入に対する装着助成費として、1台当たり6千円を、1万7千台分の1億200万円を計上。大型運転免許等取得助成も新たに設けた。  運輸事業振興助成交付金として7億222万3千円(15年度比7.6%増)を見込む。ETC2.0装着と大型運転免許等取得助成予算を新たに加えたことで、エコタイヤや運行管理機器等の装着助成費は減額した。  サービス改善向上事業費だけではなく、四つの勘定科目で減額となった。大型運転免許は、当初計画の中・大型一種に、けん引免許も審議し追加した。  事業計画の重点項目として、①労働力確保のための労働環境の改善及び整備②適正取引推進③交通・労働災害防止――を推進。  経営改善対策事業では、15年度開始のトラック輸送における取引環境・労働時間改善協議会に参画し、労働環境の改善と適正取引推進に努める。  交通・労災事故防止対策として、事業用トラックを第一当事者とする死亡事故件数を1万台当たり2.0件以下を目標に、14年度作成した「追突事故0(ゼロ)作戦、急ブレーキ多発地点マップ」を活用し、追突・衝突事故など重大事故に備える。  定期健康診断、睡眠時無呼吸症候群(SAS)スクリーニング検査の受診助成も積極的に進める。交通・労災防止セミナーを始め、児童、生徒、高齢者を対象にした交通安全教室も行う。  総合物流対策では、準型自動車運転免許制度の即時実現やETC2.0の導入促進、高速道路通行料金引き下げ、17年度の大口・多頻度割引制度の継続、拡充を求める。環境対策は、環境対応車の普及促進を図る。適正化事業の強化と研修事業も充実させる。(奥出和彦) 【写真=16年度の事業計画案を承認】





本紙ピックアップ

高速道路/深夜割引、適用時間の走行分のみ

 東日本高速道路、中日本高速道路、西日本高速道路の3社は12日、新たな高速道路通行料金の深夜割引について、2024年度末に運用を開始する、と発表した。また、入り口・出口料金所や本線上に設置したETC無線通信専用アンテナな…

国交省/特車通行確認制度、対象経路・車種を拡大

 国土交通省は、「特車通行確認制度」の更なる利便性向上に向け、利用できる経路・車両を拡大するなど更なる改善に取り組む。トラックの大型化などに対応するため、特殊車両通行制度の見直しなどを行い、2022年度から同制度をスター…

北修社長の永山修氏、親子二人三脚で夢つかむ

 26日に開幕するパリ五輪に、北修(北海道美唄市)の永山修社長(50)の長男、永山竜樹さん(28)が柔道男子60キロ級に日本代表として出場する。2021年の東京五輪出場の代表争いで涙をのんだ竜樹さんを支え続けてきた永山社…

直販配送、スマートグラスで効率⤴

 雪印メグミルクグループの直販配送(倉持裕司社長、東京都新宿区)はスマートグラスを用いたデジタルピッキングシステムで作業効率を向上させている。眼鏡のようなウェアラブル端末に仕分け情報を投影、ハンズフリーで生産性を高めた。…

オススメ記事

高速道路/深夜割引、適用時間の走行分のみ

 東日本高速道路、中日本高速道路、西日本高速道路の3社は12日、新たな高速道路通行料金の深夜割引について、2024年度末に運用を開始する、と発表した。また、入り口・出口料金所や本線上に設置したETC無線通信専用アンテナな…

国交省/特車通行確認制度、対象経路・車種を拡大

 国土交通省は、「特車通行確認制度」の更なる利便性向上に向け、利用できる経路・車両を拡大するなど更なる改善に取り組む。トラックの大型化などに対応するため、特殊車両通行制度の見直しなどを行い、2022年度から同制度をスター…

北修社長の永山修氏、親子二人三脚で夢つかむ

 26日に開幕するパリ五輪に、北修(北海道美唄市)の永山修社長(50)の長男、永山竜樹さん(28)が柔道男子60キロ級に日本代表として出場する。2021年の東京五輪出場の代表争いで涙をのんだ竜樹さんを支え続けてきた永山社…

直販配送、スマートグラスで効率⤴

 雪印メグミルクグループの直販配送(倉持裕司社長、東京都新宿区)はスマートグラスを用いたデジタルピッキングシステムで作業効率を向上させている。眼鏡のようなウェアラブル端末に仕分け情報を投影、ハンズフリーで生産性を高めた。…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap