物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

つばめ急便、京都ロジセンター開設 京滋圏を広くカバー

物流企業

2016/03/17 0:00

 つばめ急便(石原修社長大阪市北区)がかねて準備を進めていた京都ロジスティクスセンター(京都市伏見区)が、4月1日にオープンする。既存の京都センター(久御山町)が手狭になったため開設するもので、ドライ食品を始め、医薬品、住設関連商品を中心に取り扱う。名神高速道路の大山崎インターチェンジ(IC)や京滋バイパスの久御山淀ICに近い立地条件を生かし、京滋圏を広くカバーする配送拠点として活用する。  京阪電気鉄道が淀車庫南側の土地(敷地面積5万5480平方)メートルに建設した大型物流施設の一部を賃借した。鉄骨造り2階建てで、延べ床面積は8525平方メートル。2階建ての事務所棟も併設している。屋根には太陽光パネルを設置し、照明はLED(発光ダイオード)を使用する。  1階部分は、低床及び高床にホームを完備しており、荷物に応じた荷役サービスができる。120メートルのトラックバースには40台が接車可能で、全天候型対応の庇は幅15メートルを確保し、天気に左右されず作業が行える。各階とも床耐荷重は1平方メートル当たり1.5トン。1、2階は最大積載量4トンの貨物用エレベーター1基、1.5トンの垂直搬送機3基で結ぶ。  オープン時には2トン3台、4トン2台の計5台のトラックを配置。導入する3台のフォークリフトにはドライブレコーダーを取り付け、庫内作業での安全性を高める。  将来的には2トン、4トンをメーンに20台まで増やす考え。1年目の売り上げ目標は3億5千万円で、5年後には10億円を目指す。  つばめ急便では、2016年3月期の売上高として115億円(前期比7%増)を見込む。4月1日からは第2次中期経営計画がスタート。経営ビジョンに「過去50年を見つめ、これからの50年を考え、全社一丸となって力を合わせ進んでいく」を据え、各営業所の配車を見える化し、配車効率改善による利益率アップを図る。  第2次中期経営計画初年度の17年3月期は売上高120億円を目指し、19年3月期には134億円まで拡大させる。  石原社長は「来期、設立50周年の節目を迎える。安全対策に力を入れ、事故撲滅を図る一方、配車効率を高めるための仕組みづくりにも着手し、全営業所での展開につなげる。また、以前から取り組んでいる環境保全も一層進め、良質な物流サービス提供で社会貢献するとともに、顧客や社員、社会全体の幸せも追求していく」と話している。(落合涼二) 【写真=ドライ食品を始め、医薬品、住設関連商品を中心に取り扱う】





本紙ピックアップ

物効法・貨物事業法改正案/衆院通過、付帯決議17項目採択

 「2024年問題」に対応して荷主への規制や多重下請け構造の是正措置などを盛り込んだ物流総合効率化法と貨物自動車運送事業法の改正案が11日の衆議院本会議で可決、成立し、参議院に送られた。10日の衆院国土交通委員会(長坂康…

国交省/型式指定不正防止、抜本解決へ検討会設置

 国土交通省は9日、近年の自動車の型式指定申請における不正事案を踏まえ、有識者による「自動車の型式指定に係る不正行為の防止に向けた検討会」(大聖泰弘座長、早稲田大学名誉教授)を立ち上げた。不正の未然防止と早期発見に向け、…

ライフサポートエガワ、西日本に初の拠点

 ライフサポート・エガワ(江川哲生社長、東京都足立区)は西日本エリアでの共同配送事業を強化する。15日、西日本で初の自社拠点となる福岡センター(福岡市東区)を稼働。大手コンビニエンスストアの物流センター向けの配送や在庫機…

ウェザーニューズ/異常気象時の交通影響予測、アプリでも配信

 ウェザーニューズ(WN)は4日、異常気象時の輸配送継続に向けた支援サービスを、「ウェザーニュースfor business」の「交通影響予測」として複数のプラットフォームで利用できる新サービスにリニューアルした、と発表し…

オススメ記事

物効法・貨物事業法改正案/衆院通過、付帯決議17項目採択

 「2024年問題」に対応して荷主への規制や多重下請け構造の是正措置などを盛り込んだ物流総合効率化法と貨物自動車運送事業法の改正案が11日の衆議院本会議で可決、成立し、参議院に送られた。10日の衆院国土交通委員会(長坂康…

国交省/型式指定不正防止、抜本解決へ検討会設置

 国土交通省は9日、近年の自動車の型式指定申請における不正事案を踏まえ、有識者による「自動車の型式指定に係る不正行為の防止に向けた検討会」(大聖泰弘座長、早稲田大学名誉教授)を立ち上げた。不正の未然防止と早期発見に向け、…

ライフサポートエガワ、西日本に初の拠点

 ライフサポート・エガワ(江川哲生社長、東京都足立区)は西日本エリアでの共同配送事業を強化する。15日、西日本で初の自社拠点となる福岡センター(福岡市東区)を稼働。大手コンビニエンスストアの物流センター向けの配送や在庫機…

ウェザーニューズ/異常気象時の交通影響予測、アプリでも配信

 ウェザーニューズ(WN)は4日、異常気象時の輸配送継続に向けた支援サービスを、「ウェザーニュースfor business」の「交通影響予測」として複数のプラットフォームで利用できる新サービスにリニューアルした、と発表し…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap