物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

矢崎エナジー、ETC2.0車載器発売 特車ゴールド対応

産業

2016/03/07 0:00

  矢崎エナジーシステム(矢﨑航社長、東京都港区)は21日、同社のデジタルタコグラフ(運行記録計)やドライブレコーダー(DR)などに連動し、「特車ゴールド制度」にも対応する、GPS(全地球測位システム)内蔵・発話型ETC2.0(次世代型自動料金収受システム)車載器「ETC―YD201」「ETC―YP200」を発売する。  オープン価格で、実勢価格は取り付け費用を含まず3万~4万円程度になる見通し。ETC―YD201、ETC―YP200共に、ほぼ同じ機能を持っている。  ①デジタコなどとセットで購入②既にデジタコとETC車載器を利用していて、ETC2.0車載器に買い替える③現在、デジタコだけを利用していて、新たにETC2.0車載器を装着――などのケースに対応する。注文を受ければ、随時取り付けていく体制を整えている。  デジタコやDR以外にも、オリジナルソフトウエアやETCプリンター、タクシーメーターなどとも連動し、多彩なオプション設定で利用者の業務や安全運行をサポートする。  2日に同社が開催した「商品展示会&リスクマネジメントセミナー」で、デジタコなどと連動するETC2.0車載器を展示。来場者の注目を集めた。  展示会では、DR機能や独自の画像認識エンジンなどを搭載した最新型のデジタコ「DTG7」や車載式計量装置「LoadIndicator(LI)」、安価なネットワーク型デジタコ「DTG5」なども紹介した。(高橋朋宏) 【写真=来場者の注目を集める(2日の展示会)】





本紙ピックアップ

トラック輸送「非化石燃料」転換、荷主に充電インフラ設置要請へ 

 政府は、トラックなど商用車を含む電気自動車(EV)の充電インフラ環境の整備に向け、関係省庁を挙げて取り組みを強化する。経済産業省は、輸送量の多い荷主に対し、電動トラックの充電設備の設置を求めるための検討に着手。また、国…

首都高「料金改訂」半年、短距離利用⤴長距離⤵

 国土交通省は18日、首都高速道路などの料金改定から半年後の交通状況を公表した。料金改定は、首都圏の高速道路の効率的な利用に向け4月1日に実施したもの。首都高の全体交通量が増加する中、長距離利用が減少し、短距離利用が増加…

サンネット物流、出荷伝票システム刷新

 総合化学メーカー物流の元請けであるサンネット物流(下村功社長、千葉県市原市)は、ドライバーの負担軽減と協力会社の配車事務の効率化を目的に新たな出荷伝票管理用クラウドシステム「S-Eyes Next(エスアイズ・ネクスト…

輸出航空貨物10月、10カ月連続マイナス

 航空貨物運送協会(JAFA、岡本宏行会長)がまとめた10月の航空貨物輸出量(混載)は、7万9413㌧(前年同月比19.0%減)だった。10カ月連続のマイナスで、国・地域向けでみても米国向けが9カ月連続で減少。中国向けも…

オススメ記事

トラック輸送「非化石燃料」転換、荷主に充電インフラ設置要請へ 

 政府は、トラックなど商用車を含む電気自動車(EV)の充電インフラ環境の整備に向け、関係省庁を挙げて取り組みを強化する。経済産業省は、輸送量の多い荷主に対し、電動トラックの充電設備の設置を求めるための検討に着手。また、国…

首都高「料金改訂」半年、短距離利用⤴長距離⤵

 国土交通省は18日、首都高速道路などの料金改定から半年後の交通状況を公表した。料金改定は、首都圏の高速道路の効率的な利用に向け4月1日に実施したもの。首都高の全体交通量が増加する中、長距離利用が減少し、短距離利用が増加…

サンネット物流、出荷伝票システム刷新

 総合化学メーカー物流の元請けであるサンネット物流(下村功社長、千葉県市原市)は、ドライバーの負担軽減と協力会社の配車事務の効率化を目的に新たな出荷伝票管理用クラウドシステム「S-Eyes Next(エスアイズ・ネクスト…

輸出航空貨物10月、10カ月連続マイナス

 航空貨物運送協会(JAFA、岡本宏行会長)がまとめた10月の航空貨物輸出量(混載)は、7万9413㌧(前年同月比19.0%減)だった。10カ月連続のマイナスで、国・地域向けでみても米国向けが9カ月連続で減少。中国向けも…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap