物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

名備運輸、ラップトラック公開 事故防止効果に期待

物流企業

2016/02/25 0:00

 【愛知】名備運輸(丸川靖彦社長、愛知県小牧市)は12日、ドライバーの子供が描いた絵をラッピングした4トントラックの新車を公開した。自社の安全意識高揚はもとより、周囲を走るドライバーの事故防止効果にも期待する。(星野誠)  同日、納車された4トントラック後部のパワーゲートに、ドライバーである古賀健一氏の長男で、今春、小学校に入学する勇悟くんが描いた絵を、「おとうさんいつもありがとう」のメッセージと一緒にラッピング。  大きく伸び伸びと描かれているのは名備運輸のトラックで、実物と同じオレンジ色のストライプも入っている。勇悟くんは父親のアドバイスを受けながら計5回描き直し、ようやく納得がいく作品に仕上げたという。  長男の絵を背負って運転することになった古賀氏は「自分ひとりではなく、家族と一緒に仕事をしている感覚で、恥ずかしい運転は絶対にできない。毎日、無事に家族の元へ帰れるよう、一層の安全運転に努めたい」と強調。その上で「息子が『大きくなったらトラックを運転したい』と言うようになった。うれしかった」と喜ぶ。  ラッピングトラックは、宮田運輸(宮田博文社長、大阪府高槻市)が展開する「こどもミュージアムプロジェクト」に賛同し、製作したもの。同社の後藤昌代執行役員や、仲介役となったバハティ(静岡市駿河区)の植村千恵社長も納車に立ち会った。  丸川社長は「子供の絵を見ると、誰もがホッとして温かい気分になる。トラックの周囲を走るドライバー全員の気持ちが優しくなって、安全運転につながればうれしい。世の中の交通事故を一件でも多く減らすことは、社是の『人に優しい物流』に通じる」と話した。 【写真=子供が描いた絵を背にする丸川社長(左)と古賀氏】





本紙ピックアップ

事業者間遠隔点呼、効率化・生産性向上へ

 安全運行の要とも言える点呼。対面を基本としながら、IT(情報技術)点呼や遠隔点呼、自動点呼などができるようになり、2023年末からは資本関係のない事業者間での遠隔点呼が可能になった。遠隔点呼は効率化や生産性向上につなが…

労基法制見直し、労使の対立軸浮き彫り

 厚生労働省が、働き方改革関連法の施行5年を踏まえ検討している、労働基準法などの見直しを巡り、労使双方の対立軸が浮き彫りとなった。経団連は事業場単位で行われている労使協定締結などの手続きを、企業単位に変更するといった仕組…

OSPグループ、物流のSDGs後押し

 大阪シーリング印刷(松口正社長、大阪市天王寺区)を中核とする、シールやラベルの製造・加工・販売大手OSPグループは、環境に配慮した物流向けの製品の提供を通じて、物流・運送事業者のSDGs(持続可能な開発目標)の取り組み…

朝日通商/瀬戸内エリアの産学連携、スイーツブランド始動

 朝日通商(後藤耕司社長、高松市)は、瀬戸内エリアの生産者、企業、学校をつなぎ、卵や玄米など地元のエシカル(倫理的)フードを使った新しいスイーツ食品のブランドづくりに乗り出した。7日には坂出第一高校(香川県坂出市)でキッ…

オススメ記事

事業者間遠隔点呼、効率化・生産性向上へ

 安全運行の要とも言える点呼。対面を基本としながら、IT(情報技術)点呼や遠隔点呼、自動点呼などができるようになり、2023年末からは資本関係のない事業者間での遠隔点呼が可能になった。遠隔点呼は効率化や生産性向上につなが…

労基法制見直し、労使の対立軸浮き彫り

 厚生労働省が、働き方改革関連法の施行5年を踏まえ検討している、労働基準法などの見直しを巡り、労使双方の対立軸が浮き彫りとなった。経団連は事業場単位で行われている労使協定締結などの手続きを、企業単位に変更するといった仕組…

OSPグループ、物流のSDGs後押し

 大阪シーリング印刷(松口正社長、大阪市天王寺区)を中核とする、シールやラベルの製造・加工・販売大手OSPグループは、環境に配慮した物流向けの製品の提供を通じて、物流・運送事業者のSDGs(持続可能な開発目標)の取り組み…

朝日通商/瀬戸内エリアの産学連携、スイーツブランド始動

 朝日通商(後藤耕司社長、高松市)は、瀬戸内エリアの生産者、企業、学校をつなぎ、卵や玄米など地元のエシカル(倫理的)フードを使った新しいスイーツ食品のブランドづくりに乗り出した。7日には坂出第一高校(香川県坂出市)でキッ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap