物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

宮城ト協気仙沼支部、水産業再生 輸送で尽力 水揚げ高「震災前戻りつつある」

団体

2016/02/11 0:00

 【宮城】宮城県トラック協会の気仙沼支部(臼井真人支部長)は1月28日、経営者セミナーを開き、安全対策と労務管理の強化策について理解を深めた。併せて、本格的な震災復興と地域主力産業である水産業の再生に輸送サービスを通じて、尽力していくことを再確認した。  臼井支部長は「本格復興は道半ばだが、昨年の気仙沼港の水揚げ高は200億円を超え、震災以前に戻りつつある。会員の結束を強め、輸送ニーズを的確に捉えて地域経済の再生に取り組もう」とあいさつ。また、長野県軽井沢町のスキーツアーバス事故に触れ、「安全輸送は運輸業の責務である。運行・労務・健康管理を徹底して事故防止に全力を尽くそう」と呼び掛けた。  セミナーでは、社会保険労務士の瀧澤学氏が「運送何でもゼミナール」をテーマに講演。運輸行政の監査傾向と対策、労使トラブルの予防策、助成金の活用などについて具体事例を挙げて説明した。中でもスキーバス事故を起こした会社のずさんな点呼や運行・労務管理の常態化を指摘しながら、安全確保と行政監査への対応策などを紹介した。  また、増加傾向にあるドライバーとの残業代未払い訴訟を挙げ、企業防衛策を整備するよう促した。(富田久男) 【写真=「運送何でもゼミナール」をテーマに講演する瀧澤社労士】





本紙ピックアップ

消防庁、危険物倉庫規制を緩和へ

 電気自動車(EV)やモバイル機器などで利用されるリチウムイオン蓄電池の需要が高まる中、一般倉庫でも消火設備などの要件を満たせば、保管できるようになる方向だ。倉庫業者からは大規模貯蔵ニーズに対応できると歓迎の声が聞かれる…

岸田首相、トラ事業者視察

 岸田文雄首相は、「2024年問題」などトラック運送事業が直面する課題に対応するため、近く物流関係閣僚会議を開き、「物流革新緊急パッケージ」を取りまとめる考えを明らかにした。また、適正運賃の収受に向け、標準的な運賃や燃料…

長距離フェリー/トラック航送8月、30カ月ぶり前年割れ

 長距離フェリーのトラック航送実績が、30カ月ぶりに前年同月を下回った。日本長距離フェリー協会(尾本直俊会長)がまとめた8月の実績は、前年同月比6%減の10万3454台。12区間別で見ると9区間で落ち込み、特に北海道―本…

中国の日本産水産物「輸入停止」、ホタテ輸出が大きく減少

 中国政府が日本産水産物の輸入を禁止したことで、物流事業者の経営にも影響が広がり始めている。特に、中国向けで人気の高かったホタテ貝は輸出量が大きく減少。生産量全国トップの北海道では、荷動きの停滞や倉庫スペースの逼迫(ひっ…

オススメ記事

消防庁、危険物倉庫規制を緩和へ

 電気自動車(EV)やモバイル機器などで利用されるリチウムイオン蓄電池の需要が高まる中、一般倉庫でも消火設備などの要件を満たせば、保管できるようになる方向だ。倉庫業者からは大規模貯蔵ニーズに対応できると歓迎の声が聞かれる…

岸田首相、トラ事業者視察

 岸田文雄首相は、「2024年問題」などトラック運送事業が直面する課題に対応するため、近く物流関係閣僚会議を開き、「物流革新緊急パッケージ」を取りまとめる考えを明らかにした。また、適正運賃の収受に向け、標準的な運賃や燃料…

長距離フェリー/トラック航送8月、30カ月ぶり前年割れ

 長距離フェリーのトラック航送実績が、30カ月ぶりに前年同月を下回った。日本長距離フェリー協会(尾本直俊会長)がまとめた8月の実績は、前年同月比6%減の10万3454台。12区間別で見ると9区間で落ち込み、特に北海道―本…

中国の日本産水産物「輸入停止」、ホタテ輸出が大きく減少

 中国政府が日本産水産物の輸入を禁止したことで、物流事業者の経営にも影響が広がり始めている。特に、中国向けで人気の高かったホタテ貝は輸出量が大きく減少。生産量全国トップの北海道では、荷動きの停滞や倉庫スペースの逼迫(ひっ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap