物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

郵船ロジ次期社長、フォワーディング拡大 「まず中計完遂取り組む」

物流企業

2016/02/04 0:00

 6月下旬にも郵船ロジスティクスの社長に就く日本郵船の水島健二・代表取締役専務経営委員は1月29日の記者会見で、「まずは最終年度に当たる中期経営計画の完遂に取り組む」との考えを示した。水島氏の就任に伴い、代表権のある会長に退く倉本氏は「6月以降、水島君にはスピードを出してもらい、前に突き進んで欲しい」と激励した。  郵船ロジは2010年10月、郵船航空サービスとNYKロジスティクスの統合により発足。倉本氏は「私の仕事はこの統合を完遂することに終始した」と説明。  11~13年度の中計には「統合と融合」「飛躍」を掲げたものの、「文化や人種の違いもあり、統合と融合までで四苦八苦した。中国やインドネシア、ドイツなど各国で混乱が起き、つらい思いの方が多かった」とかじ取りの難しさを語った。  一方、「ミャンマー、カンボジア、バングラデシュなど新興国で現地法人をつくったり、タイやマレーシアでの投資など前向きなことにも取り組めた」とも強調。中計の最終年度半ばでの社長交代になるが、「会社を軌道に乗せるのが私の仕事。社員の努力で、一昨年あたりから業績が上向いてきた。前に進み出したことで、私の仕事はおおむね終わった」と説明した。  水島氏には、「6月以降、このスピードを上げてもらい、まんべんなく、グローバルに取り組んで欲しい」とエールを送った。  水島氏は、日本郵船の港湾物流部に所属していた経歴があることから、「郵船ロジの業務について若干の土地勘はあると思うが、最近の世の中のスピードは速いので、6月末以降、全力で走れるようにしたい」と強調。事業戦略については、短期的に中計の完遂を挙げた上で、「環境が厳しい中でも、フォワーディング事業は拡大を見込める。航空、海上、ロジスティクスの3本柱に工夫や企画を入れて、差別化を図る」と展望を示した。(土屋太朗) 【写真=手を交わす倉本社長と水島次期社長(右)】





本紙ピックアップ

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

オススメ記事

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap