物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

国交省、逆走防止へ官民連携 来年度 高速道で新技術試行

行政

2016/01/28 0:00

 国土交通省は高速道路での逆走事故防止に向け、自動車や車載器メーカーなどとの検討に入った。自動走行技術やIT(情報技術)の活用を視野に、自動車側の対策を議論。事故の現状に関する情報共有も図った。逆走が2日に1回の頻度で発生していることから、官民連携で対策を練り、2020年までに事故発生ゼロを目指す。16年度中にも、高速道路で新技術を活用した実証事業を行う。  22日、官民連携会議が発足。行政関係者に加え、民間企業39社、業界団体6団体、学識経験者などが参加している。同省の森昌文道路局長は「逆走事故は正常に運転するドライバーも巻き込まれ、痛ましい結果になる。安全な環境をつくることは喫緊の課題。官民連携会議で立派な成果を出したい」と強調した。  12月に立ち上げた有識者委員会の朝倉康夫委員長(東京工業大学大学院教授)による報告に続き、民間企業が現状の対策や今後考えられる取り組みについて発表。パナソニックは逆走を防ぐための目印の設置について解説するとともに、その設置位置や方法を仕様化する必要性を挙げた。三菱電機や沖電気工業は、次世代型自動料金収受システム「ETC2.0」を活用した逆走車両への警告方法を説明した。  3月をメドに、有識者委で今後のロードマップを策定。メーカー側も並行して既存技術の活用方法の検討や新技術の開発を進める。また、国交省は4月にも対策を公募。16年度内に高速道路で試行運用し、順次普及を図る。  逆走は11年~15年9月までに966件発生。14年が212件で、15年は9月までに190件となっている。これまでの発生事案を車両ごとにみると、50%が軽自動車。大型車は13件で、1%にとどまっている。(土屋太朗) 【写真=自動車や車載器メーカーと検討】





本紙ピックアップ

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

アジア・シームレス物流フォーラム、74社・団体が出展

 日本マテリアルフロー研究センター(松川弘明会長)が主催する「アジア・シームレス物流フォーラム2024」が16、17の両日、東京流通センター(有森鉄治社長、東京都大田区)で開催された。「2024年問題」や物流DX(デジタ…

オススメ記事

共同配送、「競争しない」一般化へ

 「2024年問題」対策で積載率の向上が求められる中、様々な業界で共同配送の取り組みが進んでいる。運用体制を工夫したり、モーダルシフトを活用したりして更なる効率化に成功している事例もある。人手不足などで「物流危機」が強く…

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap