物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

ヤマト運輸オペレーターコン、サービス技術披露 接客応対の手本に

物流企業

2016/01/28 0:00

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)は22日、羽田クロノゲートで「全国ゲストオペレーター接客応対コンテスト」を開催し、全国の支社大会(予選)を勝ち抜いた15選手が日頃の業務で培ったサービス技術を披露。船橋主管支店松戸金ヶ作センターの細井由紀子さんがゲストオペレーター1万4千人の頂点に立った。  長尾社長は「受け付けで接客する時間は長くても5分くらい。その短い接点、お客さまが店の敷地に入る瞬間から帰るまでが『ヤマトに来ている』という体験で、いわゆるカスタマーエクスペリエンス。その数分間の接客をいかに磨くかがとても大事だ。サービスが先、という理念の中、一番大切なのは第一線での一瞬一瞬。今日はぜひ日々お客さまと一生懸命接している成果を発揮して欲しい」とあいさつした。  コンテストは、荷物を送りに来た顧客への対応中に、別の顧客が荷物を受け取りに来る――との想定で実施。基本的な接客応対の仕方や商品知識が審査基準だった。競技の結果、細井さんが優勝。準優勝には、京都主管支店京都室町センターの北村久美子さんが選ばれた。細井さんは「お客さまの喜ぶ顔が何よりの励みになるので、どうすればお客さまに喜んでいただけるのかを常に意識し、接客応対に取り組んでいる。応援してくれた皆さんに感謝する」と話した。  コンテストは、ゲストオペレーター一人ひとりのモチベーションアップを図り、手本となる接客応対を全社的に浸透させることを目的に開いている。(高橋朋宏) 【写真=接客応対の仕方や商品知識が審査基準】





オススメ記事

パスコロジ、茨城で中継輸送拡大

 パスコ・ロジスティクス(神保昌明社長、神奈川県海老名市)は、千葉県野田市の工場から茨城県向けのパン配送で行っている中継輸送のエリアを20日から拡大。これまでの茨城県北部に加え、県南東部の鹿行地域向けも中継輸送化する。ド…

JL連合会、ヒューマンネット活性化

 日本ローカルネットワークシステム協同組合連合会(JL連合会、迫慎二会長)は14日、総会を開き、事業計画など5議案を承認した。「2024年問題」に直面する年度に入り、人手不足や物価高騰など様々な課題を抱える中、本部・地域…

コクヨサプライロジ、ピックロボ稼働

 コクヨグループの文房具、事務用品の物流を手掛けるコクヨサプライロジスティクス(若林智樹社長、大阪市東成区)は15日、カウネット福岡物流センター(福岡県粕屋町)で、ピッキングを補助するロボットを本格稼働させた。バラ出荷工…

北陸地整局、新潟東港で貨物輸送実証

 北陸地方整備局は14日、黒山駅分岐新潟東港専用線(旧新潟臨海鉄道)の旧藤寄駅で、新潟港に近接する臨港鉄道を活用した海上コンテナの輸送実証を行った。「2024年問題」の影響を踏まえ、港湾周辺の脱炭素化を図るカーボンニュー…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap