物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

小糸製作所、車高灯・ストップランプ販売 LED 追突防止に効果

産業

2016/01/14 0:00

 小糸製作所は、トラックの後部上端両サイドに取り付ける「LED(発光ダイオード)車高灯&ストップランプ」を開発し、19日から販売する。ブレーキ時に、通常のブレーキランプと併せて車両最上部の荷室外端で光を放つため、後続車両からの視認性を高め、追突事故の防止効果がアップする。(梅本誠治)  従来、荷室のあるトラックのテールランプ及びストップランプは、取り付け位置が車格に比べて下になるため、2台目以降の後続車が前の車両の陰となってブレーキの点灯に気付くのが遅れる傾向にあった。  LEDを使用することで白熱灯に比べて0.3秒早く点灯し、時速80キロ換算では、7メートル早く後続車がブレーキを確認できる。大きさは長さ335.4ミリ、幅31.8ミリ、高さ30.5ミリと、従来のLED車高灯と比較して3倍の発光面積を持ち、バルブ交換不要で寿命も白熱灯に比べて25倍以上になる。  日本での車高灯とストップランプを一体化した製品は、2014年10月に車両の保安基準が改正されたことで、開発が可能になった。  営業本部部品用品企画部の中村道彦商品企画課係長は「トラックのハイマウントストップランプは安全性が高まるとの声もあった。しかし、装着が義務化された乗用車に対し、トラックは任意な上、中心に取り付ける必要があることから、ウイング車などに不向きで実用的ではなかった。車両上部両端に装着する車高灯&ストップランプの普及が先行するアメリカでは、追突事故が48~54%減った――とのデータもある」と話している。 【写真=荷室外端に取り付け、視認性を高める一体型ランプ】





本紙ピックアップ

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

オススメ記事

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap