物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

石ト協、「幸せな仕事」PR パンフ作成新卒採用を後押し

団体

2016/01/11 0:00

 【石川】石川県トラック協会(谷本義治会長)は労働力確保対策の一環として、業界のPRパンフレットを作成した。若者に興味を持ってもらえるよう、漫画の登場人物が物流の重要性を再考するストーリーも掲載。1月から県内の全高校、大学、ジョブカフェやハローワークといった就職支援機関に配布し、会員企業の新卒採用を後押しする。  これまでもテレビやラジオのCMを制作し、特に若年者に向けて積極的にPR活動を展開してきた。その取り組みを推し進め、今回は生徒や学生にターゲットを絞り、ピンポイントで訴求効果を狙った。  まず手に取ってもらうため、あえてコンパクトなB5判サイズで編集表紙もおにぎりを手にした写真と「運ぶ。」の文字だけで、一見しただけでは運送業界の冊子とは分からないデザインにした。  次のページから、コメの収穫、具材確保、工場での加工を経て、商品が店頭に並ぶ「おにぎりを巡る物語」を写真とイラストで紹介。更に、コンビニエンスストアでおにぎりを購入した男女の高校生が、ちょっとしたきっかけで配送側の苦労を想像するエピソードも漫画で描かれている。  16ページの中で、トラック輸送の役割や災害時の活躍、ドライバーの業務、運転免許取得手順などを説明。より身近に思ってくれるよう、先輩となる若手ドライバーのインタビューも載せた。  「届ける」ことを「幸せな仕事」と感じた2人は、トラック事業者への就職を選択。最後に「未来を運ぶ君たちへ」とし、「夢と誇りを持ち、共に走り続ける仲間を求めています」とのメッセージで締められている。本格的な配布に先立ち、12月21日に北村誠専務、天田敏勝事務局長らが金沢市内の高校に足を運び、完成したばかりのパンフレット50部を代表者に手渡した。4千部を印刷したが、希望があれば随時、増刷する計画。また、今後は石ト協のホームページにもアップし、常に閲覧できるようにする方針だ。(河野元) 【写真=漫画の登場人物が物流の重要性を再考するストーリーも掲載】





オススメ記事

パスコロジ、茨城で中継輸送拡大

 パスコ・ロジスティクス(神保昌明社長、神奈川県海老名市)は、千葉県野田市の工場から茨城県向けのパン配送で行っている中継輸送のエリアを20日から拡大。これまでの茨城県北部に加え、県南東部の鹿行地域向けも中継輸送化する。ド…

JL連合会、ヒューマンネット活性化

 日本ローカルネットワークシステム協同組合連合会(JL連合会、迫慎二会長)は14日、総会を開き、事業計画など5議案を承認した。「2024年問題」に直面する年度に入り、人手不足や物価高騰など様々な課題を抱える中、本部・地域…

コクヨサプライロジ、ピックロボ稼働

 コクヨグループの文房具、事務用品の物流を手掛けるコクヨサプライロジスティクス(若林智樹社長、大阪市東成区)は15日、カウネット福岡物流センター(福岡県粕屋町)で、ピッキングを補助するロボットを本格稼働させた。バラ出荷工…

北陸地整局、新潟東港で貨物輸送実証

 北陸地方整備局は14日、黒山駅分岐新潟東港専用線(旧新潟臨海鉄道)の旧藤寄駅で、新潟港に近接する臨港鉄道を活用した海上コンテナの輸送実証を行った。「2024年問題」の影響を踏まえ、港湾周辺の脱炭素化を図るカーボンニュー…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap