物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

日陸、小口ネット構築推進 危険物配送安全・安心を強化

物流企業

2016/01/11 0:00

 日陸(能登洋一社長、東京都千代田区)は新商品として、危険物(化学品)の小口配送ネットワーク(ミニ路線)の構築を推進している。生命線である安全と安心を一層担保するため、従来の特別積合せ事業者と併せた新たな選択肢を提案。サービスメニューを増やすことで、取引先の多様な要請・要望に対応する。  ドライバー不足などに起因した事業環境の大幅な変化を背景に、配送距離が500キロ以上の小口貨物(1~2トン未満)を対象に新サービスを開発。特別積合せ事業者が届けるより料金は割高となるが、危険物の取り扱いに習熟しているドライバーが業務を担うため、事故発生リスクの軽減や緊急時の適切な対応が可能になる――としている。  関東-静岡の納品業務を皮切りに、徐々に実績を増やしたい考え。この一環で、神奈川県の平塚・厚木エリアで新拠点の開設を検討しているほか、2015年9月に大阪物流センター(大阪府高石市)に設置した全天候対応の荷さばき場(1650平方メートル)も効果的に活用していく。  営業本部の松本高広・営業二部プロジェクト推進グループ部長は「ミニ路線事業が拡大するためには、お客さま側の受け入れ態勢が整うことが前提条件。危険物に関する知識とノウハウには自負がある。お客さまに寄り添う形で、地道に少しずつ受託件数を積み上げていきたい」と話している。(沢田顕嗣) 【写真=荷さばき場は全天候に対応(大阪物流センター)】





本紙ピックアップ

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

オススメ記事

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap