物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

取引労働改善神奈川協、手待ち削減など9事例 着荷主側も対策必要

行政

2016/01/04 0:00

 【神奈川】トラック輸送における取引環境・労働時間改善神奈川県地方協議会の第2回会合が12月17日に開かれ、2016年から実施する長時間労働抑制のパイロット事業に向けて、荷主の協力による手待ち時間の削減など9事例を紹介した。また、着荷主側の取り組みの必要性も指摘された。  荷主側の委員は、日産自動車SCM本部部品物流エンジニアリング部の中尾芳孝・エキスパートリーダー日新総合営業第三部長の斉藤康浩執行役員が出席。その他、県や荷主団体、労働組合の担当者も委員として参加した。  日通総合研究所の大島弘明主席研究員が、荷主と運送事業者の協力で実現した労働時間改善の9事例を説明。  東芝機械では、各部門の出荷担当者を対象にしたコンプライアンス(法令順守)勉強会で、突発的な荷物のサイズ変更や手待ち時間を減らした。レンゴーも、トラック積み込み順番管理システムの導入や外部倉庫の集約で手待ち時間を減らすとともに、ドライバーの労働時間短縮を実現。積水ハウスの静岡工場(静岡県掛川市)でも、脱着式ボディーの活用と専用駐車スペースの設置で全車両の拘束時間を短くしている。  大島氏は「発荷主側だけでなく、顧客であるため手を付けづらい着荷主側の手待ち時間削減の対策にも目を向ける必要がある」と指摘。髙橋浩治委員(川崎運送)も「食品輸送では、午前中の着時間指定が非常に多く、トラックが同じ時間帯に集中してしまう。分散することで効率的に稼働させることができる。センターでの出荷待ちも多く、発時間指定を行うことも望ましい」と述べた。(吉田英行)





本紙ピックアップ

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

アジア・シームレス物流フォーラム、74社・団体が出展

 日本マテリアルフロー研究センター(松川弘明会長)が主催する「アジア・シームレス物流フォーラム2024」が16、17の両日、東京流通センター(有森鉄治社長、東京都大田区)で開催された。「2024年問題」や物流DX(デジタ…

オススメ記事

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

アジア・シームレス物流フォーラム、74社・団体が出展

 日本マテリアルフロー研究センター(松川弘明会長)が主催する「アジア・シームレス物流フォーラム2024」が16、17の両日、東京流通センター(有森鉄治社長、東京都大田区)で開催された。「2024年問題」や物流DX(デジタ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap