物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

滋ト協、高校で出前講座 トラック業界への理解を深めて

団体

2015/12/21 0:00

 【滋賀】滋賀県トラック協会(田中亨会長)は9日、人材確保対策の一環として取り組む「物流キャリア教育」の第1弾として、東近江市の県立八日市南高校を訪れ、出前講座を行った。(小菓史和)  県と協働で進める「滋賀にキラリ輝く七つ星事業」の一つ。就職を前にした高校生に、トラック業界への理解を深めてもらうことで、優秀な若年労働者の育成と運送事業の社会的地位向上につなげることが狙い。  2年生120人を対象に実施。田中氏は「物流は日本を支える大切な仕事。若い皆さんの潜在能力と同じように、大いに将来性がある。にもかかわらず、トラック輸送の重要性は、一般市民に正しく理解されているとは言いがたい」と強調。  その上で、「就職は人生の大きな分岐点であり、この授業を各自の将来を考えるきっかけにしていただきたい。一生を懸ける職業として、物流を選んでもらえる人が一人でも増えれば幸い」と呼び掛けた。  続いて、湖東支部の尾賀康裕支部長が講師を務め、自動車のナンバープレート、免許の種類、トラック輸送の社会的役割などについて、実物のプレートやビデオを使いながら分かりやすく解説した。  授業内容は、経営支援委員会(丸山義広委員長)が中心になって検討を重ねてきた。滋ト協が作成したWebドラマや、地元テレビ局で放映したドライバーを紹介する番組といった映像を多く使うことで、高校生に分かりやすいよう工夫。  今後、他の6支部でも順次開く計画で、2016年度は私立高校にもターゲットを広げ、運送業界を担う若年労働者の増加に役立てる。 【写真=田中会長が「この授業を各自の将来を考えるきっかけにしていただきたい」と呼び掛け】





本紙ピックアップ

国交省/車輪脱落防止、大型車ナット緊急点検

 国土交通省は9月30日、大型自動車メーカー4社と連携し、大型トラック・バスのユーザーを対象としたタイヤ脱着時のホイール・ナットの保守管理に関する緊急点検を10月1日から実施する、と発表した。車齢4年以上の大型車約38万…

軽トラック事故増/国交省、関係団体に注意喚起要請

 国土交通省は、軽貨物自動車(軽トラック)による事故の増加が顕著なことを受け、関係団体に対し近く、軽貨物運送事業者への注意喚起を促すよう要請する方針だ。9月30日に開催した事業用自動車に係る総合的安全対策検討会(野尻俊明…

日立物流がオランダ国際フォワーダーの全株取得

 日立物流は9月29日、オランダに本社を構える国際フォワーディング会社の全株式を12月中旬をメドに取得する、と発表した。これにより注力分野であるメディカル事業を拡充するとともに、4月にスタートさせた中期経営計画の重点施策…

ふそう、EVトラ用充電器設置サービス展開

 三菱ふそうトラック・バス(カール・デッペン社長兼CEO=最高経営責任者、川崎市中原区)は9月28日、EV(電気自動車)トラック向けの充電器設置サービスを9月から開始した、と発表した。同社の現行の電気小型トラック「eキャ…

オススメ記事

国交省/車輪脱落防止、大型車ナット緊急点検

 国土交通省は9月30日、大型自動車メーカー4社と連携し、大型トラック・バスのユーザーを対象としたタイヤ脱着時のホイール・ナットの保守管理に関する緊急点検を10月1日から実施する、と発表した。車齢4年以上の大型車約38万…

軽トラック事故増/国交省、関係団体に注意喚起要請

 国土交通省は、軽貨物自動車(軽トラック)による事故の増加が顕著なことを受け、関係団体に対し近く、軽貨物運送事業者への注意喚起を促すよう要請する方針だ。9月30日に開催した事業用自動車に係る総合的安全対策検討会(野尻俊明…

日立物流がオランダ国際フォワーダーの全株取得

 日立物流は9月29日、オランダに本社を構える国際フォワーディング会社の全株式を12月中旬をメドに取得する、と発表した。これにより注力分野であるメディカル事業を拡充するとともに、4月にスタートさせた中期経営計画の重点施策…

ふそう、EVトラ用充電器設置サービス展開

 三菱ふそうトラック・バス(カール・デッペン社長兼CEO=最高経営責任者、川崎市中原区)は9月28日、EV(電気自動車)トラック向けの充電器設置サービスを9月から開始した、と発表した。同社の現行の電気小型トラック「eキャ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap