物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

<トラガールの1日>商運サービス 服部円香さん、悔し涙流す負けず

物流企業

2015/12/07 0:00

 トラック運送業界の労働力不足の解消に向け、女性ドライバーの活躍が叫ばれている中、活躍を目にする機会も増えてきた。商運サービス(佐久間恒好社長、東京都練馬区)の配送ドライバー、服部円まど香かさん(20)の1日を追った。(田中信也)  07:09 新座営業所(埼玉県新座市)に出社。愛車の点検後、月に1度の安全対策会議に続いて、点呼に臨む。入社当初は遅刻もあったが、「最近は誰よりも早く来ている」と、運行管理者の片桐豊運輸部第三課課長(31)。  入社のきっかけは、友人である同社の先輩ドライバーの紹介だった。「車の運転が好き」(服部さん)なことから、3月に19歳で入社。「なじむのか心配したが、逆に彼女にしかできないこともあると思い、採用した」(片桐氏)佐久間社長(46)も「仕事がうまくいかず悔し涙を流すほど負けず嫌いな面は、他のドライバーも見習って欲しい」と評価する。  08:30 会議に引き続き朝礼。同社に配達業務を委託する生活協同組合コープみらいの朝霞センター(朝霞市)に向かう。  08:40 朝霞センターに到着。この日配達する全ての商品を1時間半かけて積み込む。商品は「冷蔵」「冷凍」「ドライ」「生活用品」といった種類別に、折り畳みコンテナ、発泡スチロールなどに仕分け、間違いや欠品が無いか作業表をにらみつつ、テキパキと進めていく。ここで間違いがあれば配達ミスを避けられないため、表情は真剣そのもの。  朝霞センターの佐藤忍センター長は、女性の目線から「仕事に一生懸命で、素直。けなげで可愛い」と、服部さんの仕事ぶりを評価。「配送のみならず商品営業にもしっかり取り組んでおり、売り上げ成績も上がっている」と話す。  10:30 積み込みが完了し、配送に出発。朝霞市内のみのルートで、この日は45軒の顧客を回る。「今日(金曜日)は少ない方」と服部さん。  10:40 最初の配送先に到着。呼び鈴を押し、「おはようございます。コープです」と呼び掛ける近隣の数軒を回り、不在のところは玄関前に置いていく。  10:50 Kグループ組合員の班長宅へ。グループ組合員は生協の伝統的なシステム。服部さんの担当する顧客は300人だが、個人組合員とグループ組合員の比率はほぼ半々。Kグループは20年以上の「ベテラン」。配達員に向ける目は厳しいが、「名前を覚えてくれていて、時には褒めてくれる」(服部さん)。  11:00~12:15 午前中は20軒を訪問。Yさんからは柿のお裾分け。「お菓子を頂いたこともある」。この日のクライマックスは3階まで階段で上るマンションの組合員宅。「もっと条件のきつい団地もある。お米があると十数キロにもなり、本当にきつい」  12:15~12:30 休憩昼食を取るが、この日は「食欲が無かった」ので、チョコレートで済ます。  12:30~14:30 午後は25軒を回る。いつも停車できるところが通行止め。仕方なく少し離れたところの月ぎめ駐車場をしばし借り、事なきを得る。  14:30 センターに戻る。顧客からの注文書の提出や帳票類の処理、コールセンターへの要望やクレームの確認などやることは盛りだくさんだ。一番気持ちがへこむのは、顧客からのクレームで「1  17:30 営業所に帰社。点呼を受け、この日の業務は終了。女性職員が多いセンターに対し、営業所は男社会。「外にある男女共用のトイレはどうにかして欲しい」と注文を付ける。片桐氏も「彼女が入って、社内の雰囲気は良くなった。今後も積極的に女性を受け入れたいと思っており、トイレや更衣室の改修も検討したい」と話す。





本紙ピックアップ

氷河期世代支援、短期資格コース終了

 政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

 国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

 神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

横浜低温、3市町村・医師会と協定

 横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

オススメ記事

氷河期世代支援、短期資格コース終了

 政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

 国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

 神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

横浜低温、3市町村・医師会と協定

 横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap