物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

なごの浦運送社長、白子地区「陸の孤島」 早期道路建設を要請

物流企業

2015/12/03 0:00

 【三重】なごの浦運送(三重県鈴鹿市)の中川五彰社長は11月25日、鈴鹿市内の道路建設を巡る三重県及び鈴鹿市との意見交換会に参加し、鈴鹿市白子地区周辺の道路整備などを求めた。  10月19日に続いて行われたもので、今回は県道路企画課長に加え、鈴鹿市の都市整備部長と土木部長も出席。中川氏ら地元経営者は県議や鈴鹿市議と共に、「白子地区が陸の孤島になっている」として市の中心部やバイパスと接続する道路の早期建設を要請した。  中川氏は「海に面した白子地区では災害対策も重要となる。しかし、道幅が狭いため、防災道路の役割を果たせていない。トラックが通行できる道路をお願いしたい」と要望。  鈴鹿市側は「皆さんの意見をしっかり聞いた上で、将来に向け検討していく」と述べている。(星野誠) 【写真=鈴鹿市などに対し意見を述べる中川社長(右端)】





本紙ピックアップ

トラック輸送「非化石燃料」転換、荷主に充電インフラ設置要請へ 

 政府は、トラックなど商用車を含む電気自動車(EV)の充電インフラ環境の整備に向け、関係省庁を挙げて取り組みを強化する。経済産業省は、輸送量の多い荷主に対し、電動トラックの充電設備の設置を求めるための検討に着手。また、国…

首都高「料金改訂」半年、短距離利用⤴長距離⤵

 国土交通省は18日、首都高速道路などの料金改定から半年後の交通状況を公表した。料金改定は、首都圏の高速道路の効率的な利用に向け4月1日に実施したもの。首都高の全体交通量が増加する中、長距離利用が減少し、短距離利用が増加…

サンネット物流、出荷伝票システム刷新

 総合化学メーカー物流の元請けであるサンネット物流(下村功社長、千葉県市原市)は、ドライバーの負担軽減と協力会社の配車事務の効率化を目的に新たな出荷伝票管理用クラウドシステム「S-Eyes Next(エスアイズ・ネクスト…

輸出航空貨物10月、10カ月連続マイナス

 航空貨物運送協会(JAFA、岡本宏行会長)がまとめた10月の航空貨物輸出量(混載)は、7万9413㌧(前年同月比19.0%減)だった。10カ月連続のマイナスで、国・地域向けでみても米国向けが9カ月連続で減少。中国向けも…

オススメ記事

トラック輸送「非化石燃料」転換、荷主に充電インフラ設置要請へ 

 政府は、トラックなど商用車を含む電気自動車(EV)の充電インフラ環境の整備に向け、関係省庁を挙げて取り組みを強化する。経済産業省は、輸送量の多い荷主に対し、電動トラックの充電設備の設置を求めるための検討に着手。また、国…

首都高「料金改訂」半年、短距離利用⤴長距離⤵

 国土交通省は18日、首都高速道路などの料金改定から半年後の交通状況を公表した。料金改定は、首都圏の高速道路の効率的な利用に向け4月1日に実施したもの。首都高の全体交通量が増加する中、長距離利用が減少し、短距離利用が増加…

サンネット物流、出荷伝票システム刷新

 総合化学メーカー物流の元請けであるサンネット物流(下村功社長、千葉県市原市)は、ドライバーの負担軽減と協力会社の配車事務の効率化を目的に新たな出荷伝票管理用クラウドシステム「S-Eyes Next(エスアイズ・ネクスト…

輸出航空貨物10月、10カ月連続マイナス

 航空貨物運送協会(JAFA、岡本宏行会長)がまとめた10月の航空貨物輸出量(混載)は、7万9413㌧(前年同月比19.0%減)だった。10カ月連続のマイナスで、国・地域向けでみても米国向けが9カ月連続で減少。中国向けも…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap