物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

全ト協ダンプ部会、被災地特例の再々延長要望へ

団体

2015/11/30 0:00

 全日本トラック協会ダンプトラック部会の被災地復旧・復興分科会(岡田安正委員長)が20日、福島県郡山市で開かれた。2016年3月末に期限を迎える事業用自動車の運転者の勤務時間及び乗務時間にかかる基準(1運行144時間規制など)の被災地特例措置について、再々延長を求める要望案などを話し合った。また、原子力発電所事故による汚染土壌等の中間貯蔵施設建設に伴う資材輸送の受注、対応窓口として先月設立した福島復興支援輸送協同組合(渡辺泰夫理事長)の、今後の取り組みについて情報交換した。  同分科会が被災地で開く会合は、今年3月に福島県楢葉、大熊両町の汚染土壌等仮置き場の視察に次いで2回目。  岡田委員長は「福島県の一部を除いて、がれき輸送は完了したが、被災地復興はまだ道半ば。我々が継続して復興事業に取り組むためには、特例措置を延長してもらわなければならない。関係団体と連携して国に要望していこう」と呼び掛けた。  1運行144時間規制(6日間ルール)の特例措置は、被災地の復旧・復興事業に伴う輸送需要へのスムーズな対応を目的に2011年9月、1年間を期限に施行された。その後、13年9月まで延長、更に16年3月まで再延長されている。  福島復興協組については、汚染土壌等の本格輸送の見通しが立たないことから、当面は中間貯蔵施設建設に伴う資材輸送に限定した対応窓口として、行政、関係機関との連携を図っていくことが報告された。(富田久男) 【写真=行政、関係機関との連携を図っていくことが報告された】





本紙ピックアップ

氷河期世代支援、短期資格コース終了

 政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

 国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

 神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

横浜低温、3市町村・医師会と協定

 横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

オススメ記事

氷河期世代支援、短期資格コース終了

 政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

 国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

 神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

横浜低温、3市町村・医師会と協定

 横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap