物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

流通サービス、個配事業で北陸進出 富山に新川センター

物流企業

2015/11/26 0:00

 流通サービス(野村眞一社長、埼玉県草加市)は個配事業で、北陸エリア初の拠点となる新川センター(富山県黒部市)を30日から稼働させる。新センターの立ち上げは、2015年度に入ってからは4月のふくしま北南センター(福島市)に次いで2カ所目。近年は、東北地区を始めとした東日本エリアでの新設が目立っている。(谷本博)  新川センターは、ふくしま北南センター同様、配置車両(1.5トン車)5台でスタートする。現地ドライバーの確保が困難となっていることから、当面は本社などからスタッフを応援部隊として投入し、システム整備を急ぐ。  福島県内でも3カ所目となる新規拠点開設の要請があるものの、スタッフが集まりにくい現状を踏まえ、既存拠点の増車により徐々にエリアを拡大する考えだ。  15年度に入ってからも、同社には東北や北関東地区で、新規拠点と既存拠点合わせて50台ほどの増車を含めた要請が来ている。しかし、ドライバー確保のコストを考慮すると、要請に応えられないのが実情だ。  一方、首都圏など都市圏を中心とした夕食宅配事業は、スタートして3年が経過しているが、エリア拡大は比較的順調だ。地区生協で増えていることに伴い、日を追うごとに増車が続き、現在までに夕食宅配専用となる軽貨物車両は145台になっている。  野村社長は「ドライバー不足は全国的な情勢のため、新規案件を引き受けたくても簡単に受託できないのが現状。東北地区は比較的集まりやすいものの、今後は他と同様に厳しくなることが見込まれる。夕食宅配はパートタイマーの女性を活用できることもあって、拡大につながりやすい面がある」と話している。  【写真=配置車両5台でスタート】





本紙ピックアップ

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

オススメ記事

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap