物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

日本液体運輸、指差し呼称コン開催 安全文化醸成はかる

物流企業

2015/11/23 0:00

 【千葉日本液体運輸(巽俊社長、東京都中央区)は7日、一回り点検(乗車前) 指差し呼称コンテストを千葉支店(千葉県市原市)で開催した。安全意識の高揚と安全文化の醸成を図るのが狙いで、2014年に引き続き協力会社にも参加を呼び掛けた。  開会のセレモニーで、巽社長が「最近のことだが、乗車したタクシーの運転手が標識を見ると、小さな声で指差し呼称していた。尋ねてみると、『自分の身とお客さんの身を守るため、長年の習慣にしている』とのことだった。我々は危険物を運んでおり、指差し呼称や一回り点検がいかに大切か。普段の実践を存分に発揮するとともに、明日からの業務にぜひとも生かして欲しい」とあいさつした。  コンテストは、協力会社4社(大川運輸、山八運送、コイデ陸運、博栄運輸)のドライバーを含む13選手が出場。荷主企業の担当者も見守る中、カセイソーダを運搬するタンクローリーを使い、規定の作業手順を実演した。  採点対象は、工具やタイヤ、タンク、バルブ、ホースなどを指差し呼称してから運転席に乗り込むまでの全15項目。巽氏ら審査員8人が各項目を5段階で(審査員一人当たりの持ち点は75点)評価し、上位3人の入賞者を決定した。  巽大輔・取締役管理本部長が「コンテストは第3回目を迎え、全体的にレベルアップしている。高得点を獲得した選手は、一呼吸を置いて指差し呼称を行っていた、という印象を受けた日々の現場で実践すると同時に、他の見本にもなってもらいたい」と話し、閉会した。(沢田顕嗣 【写真=協力会社4社のドライバーを含む13選手が出場】





本紙ピックアップ

持続可能な物流実現、負荷軽減へ判断基準制定

 政府は物流改善に向け、発着荷主と元請運送事業者の経営者層の意識改革や、待機・荷役時間の縮減、納品回数の削減、リードタイムの延長といった物流負荷軽減の取り組みを義務付けるための「判断基準」を経済産業相、農林水産相、国土交…

ゼンリン・秩父市など/秩父・中津川地区土砂崩落で孤立、ドローンで定期配送

 ゼンリンとKDDI、埼玉県秩父市など8者は1月26日、土砂崩落の影響で孤立している秩父市の中津川地区で、米スペースXの衛星通信サービス「スターリンク」を活用したドローン(小型無人機)の定期配送プロジェクト「&プロジェク…

全段連、持続可能な物流めざす

 全国段ボール工業組合連合会(大坪清理事長)は、会員企業の物流改善を支援する取り組みを推し進めている。長時間労働の是正や付帯作業の解消など、全要素生産性の向上による働き方改革を加速させることで、持続可能な物流の実現を目指…

トラック航送12月、22カ月連続プラス

 日本長距離フェリー協会(尾本直俊会長)がまとめた2022年12月のトラック航送実績は、前年同月比3%増の11万1543台だった。22カ月連続で前年を上回った。4~12月は前年同期比3%増だった。新型コロナウイルス禍前の…

オススメ記事

持続可能な物流実現、負荷軽減へ判断基準制定

 政府は物流改善に向け、発着荷主と元請運送事業者の経営者層の意識改革や、待機・荷役時間の縮減、納品回数の削減、リードタイムの延長といった物流負荷軽減の取り組みを義務付けるための「判断基準」を経済産業相、農林水産相、国土交…

ゼンリン・秩父市など/秩父・中津川地区土砂崩落で孤立、ドローンで定期配送

 ゼンリンとKDDI、埼玉県秩父市など8者は1月26日、土砂崩落の影響で孤立している秩父市の中津川地区で、米スペースXの衛星通信サービス「スターリンク」を活用したドローン(小型無人機)の定期配送プロジェクト「&プロジェク…

全段連、持続可能な物流めざす

 全国段ボール工業組合連合会(大坪清理事長)は、会員企業の物流改善を支援する取り組みを推し進めている。長時間労働の是正や付帯作業の解消など、全要素生産性の向上による働き方改革を加速させることで、持続可能な物流の実現を目指…

トラック航送12月、22カ月連続プラス

 日本長距離フェリー協会(尾本直俊会長)がまとめた2022年12月のトラック航送実績は、前年同月比3%増の11万1543台だった。22カ月連続で前年を上回った。4~12月は前年同期比3%増だった。新型コロナウイルス禍前の…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap