物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

GLP、岡山総社Ⅱが竣工 西日本で最大規模

産業

2015/11/12 0:00

 グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP、帖佐義之社長、東京都港区)が岡山県総社市に建設を進めてきた大型物流施設、GLP岡山総社Ⅱが完成し、5日に竣工式が行われた。隣接地に設置されたGLP岡山総社Ⅰと合わせると、延べ床面積は万6千平方メートルとなり、竣工済みの物流施設としては西日本で最大規模となる。(江藤和博)  岡山総社Ⅱは5階建てで、延べ床面積7万8千平方メートルのマルチテナント(複数企業入居)型物流施設。岡山自動車道・岡山総社インターチェンジ(IC)から至近距離で、両備ホールディングス(松田久社長兼CEOO=代表経営執行責任者、岡山市北区)が運営する岡山総社IC流通センター内に立地する。  16基の免震装置を設け、震度6以上の地震でも揺れを4分の1から5分の1に低減。電力を最大で30時間供給可能なバックアップ電源を備え、飲料水や医療器具セットなど防災備品も完備し、テナント企業のBCP(事業継続計画)を支援する。  1階には防災センターを設置し、24時間・3655日態勢で警備員が待機。災害発生時に迅速に対応するとともに、セキュリティーにも万全を期している。  また、壁や天井などにプレキャストコンクリート、全館の照明にはLED(発光ダイオード)を採用するなど環境に配慮。二酸化炭素(CO2)排出量と消費電力を70%削減できる。更に、屋上に太陽光発電設備を敷設。岡山総社Ⅰと合わせて2.7メガワットの発電が可能で、全量を中国電力に売電する。GLPの屋上ソーラーパネル設備としては国内最大級だ。  総社市街地に近いため、「労働力確保の観点でも良好な環境」とみており、5階の共用スペースには、岡山総社Ⅰの2倍となる96席を備えたカフェテリアを設置し、快適な就労環境を整えた。  岡山総社Ⅰは既に90%超のスペースが稼働しており、Ⅱもテナント企業との交渉が進行中。Ⅰは1フロアを2分割して貸してきたが、Ⅱでは要望に合わせて2~4階を3分割する方針だ。ⅠとⅡのランプウエーをつなげるなど一体利用や相互補完を想定した設計が施されており、両施設を利用するテナント企業は業務を効率化しやすくなっている。  竣工式で、帖佐社長は「岡山は西日本全域の物流をカバーするのにベストな立地。災害時の避難所としても使えるよう、生活に困らないための備蓄もした。県内で次の拠点を考えたいし、ニーズがあれば広島県や四国北部への進出も検討していく」と語った。 【写真=岡山総社Ⅰと合わせると、延べ床面積は15万6千平方メートル】





本紙ピックアップ

持続可能な物流実現、負荷軽減へ判断基準制定

 政府は物流改善に向け、発着荷主と元請運送事業者の経営者層の意識改革や、待機・荷役時間の縮減、納品回数の削減、リードタイムの延長といった物流負荷軽減の取り組みを義務付けるための「判断基準」を経済産業相、農林水産相、国土交…

ゼンリン・秩父市など/秩父・中津川地区土砂崩落で孤立、ドローンで定期配送

 ゼンリンとKDDI、埼玉県秩父市など8者は1月26日、土砂崩落の影響で孤立している秩父市の中津川地区で、米スペースXの衛星通信サービス「スターリンク」を活用したドローン(小型無人機)の定期配送プロジェクト「&プロジェク…

全段連、持続可能な物流めざす

 全国段ボール工業組合連合会(大坪清理事長)は、会員企業の物流改善を支援する取り組みを推し進めている。長時間労働の是正や付帯作業の解消など、全要素生産性の向上による働き方改革を加速させることで、持続可能な物流の実現を目指…

トラック航送12月、22カ月連続プラス

 日本長距離フェリー協会(尾本直俊会長)がまとめた2022年12月のトラック航送実績は、前年同月比3%増の11万1543台だった。22カ月連続で前年を上回った。4~12月は前年同期比3%増だった。新型コロナウイルス禍前の…

オススメ記事

持続可能な物流実現、負荷軽減へ判断基準制定

 政府は物流改善に向け、発着荷主と元請運送事業者の経営者層の意識改革や、待機・荷役時間の縮減、納品回数の削減、リードタイムの延長といった物流負荷軽減の取り組みを義務付けるための「判断基準」を経済産業相、農林水産相、国土交…

ゼンリン・秩父市など/秩父・中津川地区土砂崩落で孤立、ドローンで定期配送

 ゼンリンとKDDI、埼玉県秩父市など8者は1月26日、土砂崩落の影響で孤立している秩父市の中津川地区で、米スペースXの衛星通信サービス「スターリンク」を活用したドローン(小型無人機)の定期配送プロジェクト「&プロジェク…

全段連、持続可能な物流めざす

 全国段ボール工業組合連合会(大坪清理事長)は、会員企業の物流改善を支援する取り組みを推し進めている。長時間労働の是正や付帯作業の解消など、全要素生産性の向上による働き方改革を加速させることで、持続可能な物流の実現を目指…

トラック航送12月、22カ月連続プラス

 日本長距離フェリー協会(尾本直俊会長)がまとめた2022年12月のトラック航送実績は、前年同月比3%増の11万1543台だった。22カ月連続で前年を上回った。4~12月は前年同期比3%増だった。新型コロナウイルス禍前の…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap