物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

陸災防、リフト荷役2級検定 全国9会場 初めて実施

団体

2015/11/12 0:00

 陸上貨物運送事業労働災害防止協会(川合正矩会長)は9日、フォークリフト荷役技能2級検定を全国9会場で実施した。荷役作業の労災防止を目的に、フォークリフトの「安全、確実、迅速な作業」を評価するもので、7年前から制度準備に着手。7月に制度概要と出題範囲を発表していた。全国で96人が申し込んだ。(佐々木健)  科目ごとの配点は学科300点、点検実技200点、運転実技500点の千点満点。合否は学科と実技で、個別に判定する。合格した科目は、その年度を含めて3年間、受検を免除し、落第した科目のみの受検を認めている。  合格発表は11月20日の予定だが、神奈川と長野両県は、9日に学科のみ開催して実技を別日程にしているため、12月にずれ込む。  1、2級の等級区分を設け、2級は「中堅クラスの作業者」、1級が「各作業場で指導的な立場にある者」を想定。1級の受検資格を「2級合格後2年以上の実務経験を有する者」としたほか、全国フォークリフト運転競技大会の入賞者(優勝、準優勝、3~5位)も、2級検定試験合格と同等の「暫定2級」と認めている。  2級の運転試験は、最大荷重1~1.5トンのフォークリフトで500キログラムのウエートの荷役作業・走行を見るが、1級はそれぞれ2~2.5トン、1トンを使用。要求する技術水準に差を付けている。  陸災防本部では、2016年度から1級検定を行う予定で、学科と実技試験の分離開催で、検定会場を増やすことを検討している。  会場の一つ、埼玉県トラック協会(鳥居伸雄会長)の埼玉県トラック総合教育センター(埼玉県深谷市)では、学科の後、点検・運転の実技試験を実施。運送業界だけでなく、メーカー関係からも受検者がおり、業界内外の関心の高さをうかがわせた。 【写真=学科、点検・運転実技合わせて千点満点で評価(9日、埼玉県トラック総合教育センター)】





本紙ピックアップ

高速道路/深夜割引、適用時間の走行分のみ

 東日本高速道路、中日本高速道路、西日本高速道路の3社は12日、新たな高速道路通行料金の深夜割引について、2024年度末に運用を開始する、と発表した。また、入り口・出口料金所や本線上に設置したETC無線通信専用アンテナな…

国交省/特車通行確認制度、対象経路・車種を拡大

 国土交通省は、「特車通行確認制度」の更なる利便性向上に向け、利用できる経路・車両を拡大するなど更なる改善に取り組む。トラックの大型化などに対応するため、特殊車両通行制度の見直しなどを行い、2022年度から同制度をスター…

北修社長の永山修氏、親子二人三脚で夢つかむ

 26日に開幕するパリ五輪に、北修(北海道美唄市)の永山修社長(50)の長男、永山竜樹さん(28)が柔道男子60キロ級に日本代表として出場する。2021年の東京五輪出場の代表争いで涙をのんだ竜樹さんを支え続けてきた永山社…

直販配送、スマートグラスで効率⤴

 雪印メグミルクグループの直販配送(倉持裕司社長、東京都新宿区)はスマートグラスを用いたデジタルピッキングシステムで作業効率を向上させている。眼鏡のようなウェアラブル端末に仕分け情報を投影、ハンズフリーで生産性を高めた。…

オススメ記事

高速道路/深夜割引、適用時間の走行分のみ

 東日本高速道路、中日本高速道路、西日本高速道路の3社は12日、新たな高速道路通行料金の深夜割引について、2024年度末に運用を開始する、と発表した。また、入り口・出口料金所や本線上に設置したETC無線通信専用アンテナな…

国交省/特車通行確認制度、対象経路・車種を拡大

 国土交通省は、「特車通行確認制度」の更なる利便性向上に向け、利用できる経路・車両を拡大するなど更なる改善に取り組む。トラックの大型化などに対応するため、特殊車両通行制度の見直しなどを行い、2022年度から同制度をスター…

北修社長の永山修氏、親子二人三脚で夢つかむ

 26日に開幕するパリ五輪に、北修(北海道美唄市)の永山修社長(50)の長男、永山竜樹さん(28)が柔道男子60キロ級に日本代表として出場する。2021年の東京五輪出場の代表争いで涙をのんだ竜樹さんを支え続けてきた永山社…

直販配送、スマートグラスで効率⤴

 雪印メグミルクグループの直販配送(倉持裕司社長、東京都新宿区)はスマートグラスを用いたデジタルピッキングシステムで作業効率を向上させている。眼鏡のようなウェアラブル端末に仕分け情報を投影、ハンズフリーで生産性を高めた。…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap