物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

滋ト協、琵琶湖周回道路を清掃 傘下7支部から1600人超

団体

2015/10/29 0:00

 【滋賀】滋賀県トラック協会(田中亨会長)は18日、琵琶湖周回道路の一斉清掃活動を行い、傘下7支部から計1600人以上が参加し、秋晴れの下、路側や歩道に投げ捨てられたごみを拾い集めた。(小菓史和)  守山市の滋賀県トラック総合会館には、湖南(松村浩志支部長)、甲賀(辻清吾支部長)の両支部会員とその家族が集結。  スタート式で、田中会長は「好天に恵まれ、この活動も8回目を迎えることができた。日頃、仕事で使わせていただいている道路に感謝するとともに、環境美化に努め、美しい滋賀県を観光客にアピールすることは、地域の振興にもつながる。事故の無いよう十分気を付けて欲しい」と呼び掛けた。  三日月大造知事は「健全で恵み豊かな母なる琵琶湖を次代に受け継ぐことは、我々に課された責務。県民一人ひとりの協力が必要であり、皆さんの支援は非常に心強い。住む人にも訪れる人にも素晴らしい環境となるよう、これからも力を貸していただきたい」とするメッセージを寄せた。  班ごとに割り当てられたエリアを清掃。思い思いのペースでウオーキングを楽しみながら空き缶を始め吸い殻、紙くずなどを拾った。  ごみは湖南、甲賀の両支部が集めただけでも、8立方メートルのダンプカー3台分にも上った。空き缶やペットボトルは分別し、再生資源として利用される。 【写真=ウオーキングを楽しみながら、空き缶を始め、吸い殻、紙くずなどを拾う】





オススメ記事

トラック補助事業、全国の自治体に拡大

 地方創生臨時交付金などに基づく、トラック運送事業者を対象とした補助事業創設の動きが全国に拡大している。都道府県では過半数の26都道府県が交付を実施または決定。青森県なども9月議会(定例会)での議案提出を目指している。政…

厚労省報告/改善基準見直し、荷主・関係者に周知へ

 厚生労働省は9月27日、自動車運転者の改善基準告示の見直しの在り方を取りまとめた。トラック、バス、タクシーのドライバーの拘束時間、休息期間、運転時間の基準の在り方に加え、荷主、利用運送事業者といった関係者への周知や、労…

交通安全ISO発行10年、トラック114社取得

 道路交通安全マネジメントシステムの国際規格ISO39001が発行から10年を迎えた。道路交通に関わる全ての組織が対象の規格として、これまでに国内では171社が取得、うちトラック運送事業者が114社(9月20日時点)と全…

東京ユニオン物流、共配網を再構築

 東京システム運輸ホールディングス(細川武紀社長、東京都東大和市)グループの輸送部門を受け持つ東京ユニオン物流(川﨑和夫社長、武蔵村山市)は、「2024年問題」に対応した共同配送網の再構築に着手している。(佐々木健) F…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap