物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

久留生商事運輸、栃木県北で最大級倉庫 新たなグループ基盤に

物流企業

2015/10/19 0:00

 【栃木】久留生商事運輸(久留生正人社長、栃木県那須塩原市)は10日、新たなグループ本社と倉庫の竣工式を開催した。県北地域で最大級の倉庫になり、輸配送から保管・流通加工へ、業務領域を拡大してきた久留生グループの新たな活動基盤となる。  新拠点は国道4号近辺の交通アクセス至便の地に位置する。敷地面積9900平方メートルに、延べ床面積4800平方メートルの大型倉庫、2階建て延べ床面積280平方メートルの事務棟と共に、軽油の地下タンクを設置した。倉庫は990~820平方メートルの5区画に分割。うち1区画は温湿度管理機能を備え、米穀専用にした。  グループの久留生倉庫(同)は1998年設立。トラックボディー修理やコンテナを使ったセキュリティーボックス事業のほか、2009年に利用運送の専従部門を立ち上げている。運輸はトラック58台を保有し、新拠点ではグループで連携して営業を展開していく。  竣工式で、久留生社長は「2月には東北営業所(宮城県大衡村)を開設した。この拠点には迅速な作業を可能にするため、社員のアイデアを多く取り入れている。先代の創業から28年目を迎えた。新拠点開設で気持ちを新たにして拡大を目指していく」と決意を語った。  栃木県トラック協会の笠原秀人会長のあいさつに続き、川崎屋運送(土屋隆久社長、那須塩原市)の土屋光生専務は、「久留生社長は、栃ト協青年部会の部会長など業界の要職も務めてきた。この新拠点は地道な歩みの成果。一歩ずつ地元を大切にして歩んできた流れのまま、繁栄を目指して欲しい」と述べた。テープカットの後、全員で新たな門出を祝った。(佐々木健) 【写真=国道4号近辺で、交通アクセスは至便】





本紙ピックアップ

氷河期世代支援、短期資格コース終了

 政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

 国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

 神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

横浜低温、3市町村・医師会と協定

 横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

オススメ記事

氷河期世代支援、短期資格コース終了

 政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

 国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

 神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

横浜低温、3市町村・医師会と協定

 横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap