物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

奈良運送、エコツーライト代理店に 高品質で営業強化

物流企業

2015/10/12 0:00

 【広島】奈良運送(奈良至晏てつや社長、広島県呉市)は、尿素水「エコツーライト」の製造・販売に本腰を入れる。これまで3年間、オプティ(猪野栄一社長、三重県川越町)の代理店、無垢(むく)道原伸二社長、広島県三原市)から仕入れ、自社車両で使用して高い品質が確認できたことから、8月に代理店契約を結んだ。(江藤和博)  無垢の販売店の位置付けだったが、広島県内では無垢に続く2番目の代理店となった。当面は呉市や広島市、東広島市をエリアに営業展開し、徐々に広げていく方針。  サービスステーション(SS)を持つ呉輸送センター協同組合(三戸初人理事長)への卸販売のほか、千リットル以上の納品先には自前で配達している。トラック事業者の取引先は6、7社だが、今後は地元業界へのPRを強化するとともに、公営バスや消防車など官公庁の車両に売り込んでいく。  プラントは本社敷地内にある倉庫に設置。尿素と純水を攪拌かくはんした後の工程でろ過装置を使い、マフラーの詰まりの原因となるトリウレット(シアヌル酸)を除去。「他製品より高い品質を維持」とアピールしている。  運営を担当するのは、営業企画部の山根昌幸氏とエコツーライト事業部の藤井秀一氏。山根氏は「尿素SCRシステムの搭載車両はまだ3割程度。今後の潜在需要は大きい」、藤井氏は「高い品質をアピールし、多方面の分野に販売展開していきたい」と意欲を示す。 【写真=ろ過装置を使い、マフラー詰まりの原因物質を除去するプラント】





オススメ記事

トラック補助事業、全国の自治体に拡大

 地方創生臨時交付金などに基づく、トラック運送事業者を対象とした補助事業創設の動きが全国に拡大している。都道府県では過半数の26都道府県が交付を実施または決定。青森県なども9月議会(定例会)での議案提出を目指している。政…

厚労省報告/改善基準見直し、荷主・関係者に周知へ

 厚生労働省は9月27日、自動車運転者の改善基準告示の見直しの在り方を取りまとめた。トラック、バス、タクシーのドライバーの拘束時間、休息期間、運転時間の基準の在り方に加え、荷主、利用運送事業者といった関係者への周知や、労…

交通安全ISO発行10年、トラック114社取得

 道路交通安全マネジメントシステムの国際規格ISO39001が発行から10年を迎えた。道路交通に関わる全ての組織が対象の規格として、これまでに国内では171社が取得、うちトラック運送事業者が114社(9月20日時点)と全…

東京ユニオン物流、共配網を再構築

 東京システム運輸ホールディングス(細川武紀社長、東京都東大和市)グループの輸送部門を受け持つ東京ユニオン物流(川﨑和夫社長、武蔵村山市)は、「2024年問題」に対応した共同配送網の再構築に着手している。(佐々木健) F…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap