物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

リオス、点呼・健康管理システム開発 乗務可否を客観視

産業

2015/10/08 0:00

 両備ホールディングスグループの情報サービス会社のリオス(松田久社長、岡山市中区)は、タブレット(多機能携帯端末)と体温計、血圧計などを連動させ、ドライバーの健康状態を客観的に判断できる点呼・健康管理システム「点呼・健康ご安全に!」を開発した。運輸交通事業者向けに販売している。(田中信也)  運輸交通事業者のドライバーの健康状態に起因する事故が近年、多発している。異変の察知には乗務前の仕業点呼が重要だが、「通常の点呼では、ドライバーは異変を感じても『大丈夫』と言う」(橋本渉事業開発室長)ため、運行管理者などが事前に把握することは難しい。  これまで運行管理者の判断に頼ってきた仕業点呼を、数値に基づき客観的に行うことで、事故を抑制することが目的。バス、トラックなど交通運輸事業を幅広く展開する両備グループの中核を成す両備バス(社内カンパニー)と共同開発した。グループの3社11営業所で運用しており、3月末までにトラック事業の両備トランスポート(同)を含むグループ全ての道路運送事業者の営業所に配備するとともに、広く販売していく。  システムは、免許証をICカードリーダーにかざすことで確認作業を開始。これにより免許証の不携帯や、更新忘れを防止する。ここを通過すると体調履歴確認(ヘルスチェック)画面に移り、体温、血圧、血糖値の計測結果をリーダーから送信、数値による客観的な体調管理と、履歴との比較が可能になる。 【写真=タブレットと体温計、血圧計などが連動】





本紙ピックアップ

氷河期世代支援、短期資格コース終了

 政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

 国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

 神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

横浜低温、3市町村・医師会と協定

 横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

オススメ記事

氷河期世代支援、短期資格コース終了

 政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

 国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

 神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

横浜低温、3市町村・医師会と協定

 横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap