物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

国交・経産省、自動走行ビジネス 将来像確立へWG

行政

2015/10/08 0:00

 国土交通、経済産業の両省は、自動走行の将来像の確立と実現に向け、産官学による検討に着手した。両省が設置した「自動走行ビジネス検討会」(鎌田実座長、東京大学大学院教授)による6月の中間とりまとめを受け、日本で実現すべき価値やトラック隊列走行といった自動走行の形態について議論を深め、2015年度末までに一定の結論を導き出す方針だ。  検討会が示した課題を産官学の連携で深掘りするため、9月29日に将来ビジョン検討ワーキンググループ(WG)を立ち上げた。  WGでは、30年ごろまでに実用化が期待され、産官学が連携して取り組むべきアプリケーション(具体的な自動走行の種類)を特定するほか、その実現に必要な技術と制度・事業環境に関する認識を関係者で共有。産官学が協調して取り組むべき課題と今後の方針について検討していく。  中間とりまとめでは、実現すべき価値として「安全・安心」「環境・エネルギー」「労働力不足」「自動車利用環境の向上」を提示。これらを具体化するアプリケーションとして①デッドマンシステム(急な体調不良に対応した自動操作)②トラック隊列走行③ラストワンマイル自動走行④自動駐車――などが例示された。WGの初会合では、アプリケーションの特定に向けた課題について意見が交わされた。  なお、WGの発足に当たり、経産省製造産業局の伊吹英明自動車課長が「関係者が協調する領域と、競争する分野を切り分けた上で、将来像を確立する必要がある。その上で国による支援の在り方を示したい」と強調。国交省自動車局の島雅之技術政策課長も「自動走行は交通事故削減に加え、渋滞緩和、高齢者支援の面でも期待が高い。世界をリードできるよう活発な議論を展開したい」と抱負を述べた。(田中信也) 【写真=自動走行の形態について議論を深め、結論を導き出す】





本紙ピックアップ

氷河期世代支援、短期資格コース終了

 政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

 国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

 神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

横浜低温、3市町村・医師会と協定

 横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

オススメ記事

氷河期世代支援、短期資格コース終了

 政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

 国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

 神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

横浜低温、3市町村・医師会と協定

 横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap